クラウド コンピューティングと CAD

クラウド コンピューティングが CAD / CAE 業界に登場したことで、新しい供給プラットフォームのメリットと可能性を生かし、既存のアプリケーションを変換して作業方法を変え、設計ツールの生産性を高めることができるようになるのでしょうか。少なくとも、CAD ベンダーが長らく頭を悩ませてきたデスクトップ上では解決できない問題のいくつかを、解決できる手がかりにはなるかもしれません。

現在、クラウド製品として ERP や CRM などのエンタープライズ アプリケーションが広く普及していますが、高い可用性とパフォーマンスを備えたインターネット帯域幅を利用する点をはじめ、さまざまな技術的な問題から、最適なエンジニアリング アプリケーションとは見なされていません。クラウド モデルは、特に複雑なアセンブリやより大規模なモデルを扱う場合に、データ集約型の CAD / CAE アプリケーションが要するパフォーマンスと双方向性を提供することに適していないという点も、懸念材料です。データの機密性こそが問題だと考えている製造メーカーもいます。反対意見もありますが、クラウド製品の支持者が考えるクラウドの利点の 1 つは、設計データを集中管理するリポジトリに容易にアクセスできるという点です。そのようなプラットフォームによって、軽量な編集作業を行い、設計ビューを参照してフィードバックを提供しようとしている非従来型の CAD ユーザーまで、設計コラボレーションを広げることはできるのでしょうか。

Design Tools Make Their Way to the Cloud

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>