ブライアン・シェパードが解説する Creo

コラボレーティブな設計プロセスは、未解決のまま残るいくつかの課題によって生産性の向上を妨げられています。これらの課題を解決するために求められるのは、設計チームの各メンバー固有のニーズに的確に応えることのできる一連の専用設計アプリです。

D スケッチ ツールや概念モデリングのための 3D ダイレクト モデリング ツール、詳細設計のための 3D パラメトリック ツール、そしてビジュアリゼーションやマークアップ、アセンブリ モデリングを行うための専用アプリがこれに該当します。これらすべてのニーズに 1 つのツールで対応することはできません。

また、各アプリ間の相互運用性が確保されていることも重要となります。

PTC の Creo は、このような問題を解決するために開発された設計ソフトウェアです。上記の問題を解消できるスケーラブルな専用アプリ スイートを提供するベンダーは PTC の他にありません。Creo を利用すると、エンドユーザー レベルと企業レベルの両方で大きなメリットを得ることができます。

エンドユーザー レベルのメリットとしては、幅広いアプリの選択肢が提供されることで、各ユーザーが自身のニーズに最適なテクノロジを利用可能となる点が挙げられます。

企業レベルのメリットとしては、各ユーザーに最適なアプリが用意されることで、より多くの人材が製品開発に関与可能となり、個々のユーザーとプロセス全体の生産性が向上するという点が挙げられます。

また、Creo ファミリーのアプリで作成された製品データは、Creo の他の設計ツールで容易に共有、編集できることも大きなメリットとなります。

この投稿の“カテゴリー”: Creo の舞台裏 、タグ: , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>