ジム・ヘプルマンが解説する Creo

1990 年代は急速な技術革新の時代であり、パラメトリックな 3D ソリッド モデリングによる製品設計手法が登場して一大ムーブメントが巻き起こりました。しかし、市場が成熟し大きな変化が生まれなくなった現代においても、いくつかの重要な問題が未解決のまま残されています。それは、操作性、社内およびサプライ チェーンにおける相互運用性、現実のアセンブリ モデリングの複雑さ、そしてテクノロジ ロックインという 4 つの問題です。

CAD の世界では今、根本的な使いやすさを備えたソリューションが求められています。PTC がそのテクノロジ資産と知的財産を注ぎ込んで開発を進めている Creo は、これらの問題の多くを解決します。

この投稿の“カテゴリー”: Creo の舞台裏 、タグ: , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>