構成管理のベスト プラクティス

今日の CAD システムでは、膨大な量の部品と部品のアセンブリに加え、関連する図面やイラストレーション、ツール パスなどを作成できます。そのような製品データのすべてを維持、管理することは製造メーカーの悩みの種であり続けていますが、適切に管理しなければ深刻な事態を招く可能性があります。

構成管理 (CM) ツールは、製品ライフサイクル全体にわたって混乱を解消し、CAD 部品とアセンブリの特定、記録、評価、調整、レポート、管理を可能にすることを目的としています。CM の利点は多岐にわたります。必要な規則を設けることで、1 つの製品に対して複数の構成を作成できます。これらの規則とベスト プラクティスに従うと、1 つの構成部品表 (BOM) から数千の構成を生成して CAD モデルを活用することが可能になり、データの再利用による全体的な作業効率の向上が実現します。

効果的な CM によって、製品情報と製品変更を規則正しく管理できます。設計変更の基準の確立とそのプロセスの管理、変更案の影響の確認と評価、設計とその機能要件の関連付け、重要な製品データと関係性の整理、必要な設計の属性に対する実際の製品構成の検証、製品ライフサイクル全体にわたる製品変更の確認と記録を行えるようになります。

効果的な CM は、構成アイテム (製品) を選択し、設計案の機能的、非機能的な要件を特定することから始まります。多くの場合、不完全な要件があるとプロジェクトは失敗します。構成管理を実施するためのベスト プラクティスを以下に示します。

計画
問題が出る前に CM 関連の方針を検討し、CM の実施に向けた確認、文書化、計画立案を行います。

製品とプロセスに適したツールと手法の選択

CM プロセスの定義と文書化
役割と責任、ビジネス プロセスと組織変更を確認します。

プロジェクトとプログラム全体にわたる構成管理の実施

トレーサビリティ マトリックスを用いて要件に関するドキュメントや仕様書を作成

関連する要件と設計に即したドキュメントと製品の確認とラベル付け

管理基準として利用するベースラインの要件、設計、製品 / システムを作成

総合的な変更管理プロセスの一環として、構成管理プロセスと組織 (レビュー チームや審査委員会) を確立

リリース管理プロセスの文書化

セキュリティとアクセス管理の検討と実施

構成の検証と監査を行い、パフォーマンスと CM の効果を確認

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>