ユーザーはベンダーを "ロックイン" したいとは考えていない

垂直統合、変化の速度の上昇、消費者向けソフトウェアの影響によって、今日の PLM ソフトウェアとエンジニアリング ソフトウェアは変わりつつあります。ユーザーは製品の統合に時間を割こうと考えているわけではありません。初期段階から複数の製品を併用して作業することさえできれば良いのです。

ベンダーは今後、ユーザーにとっての変更コストの重要性が高まるにつれ、これまでのリリース サイクルを見直し、速度を更新する必要が出てくるでしょう。また、ベンダーがソフトウェア製品の統一に関するベスト プラクティスを確立しようとしても、実際には、製品は全世界共通の仕様が適用されるものではありません。レガシー データを新システムに移行させ、新しいソフトウェアを購入し、ユーザーに再トレーニングを促す場合の切り替えコストが高くても、ソフトウェアの全体の傾向はオープン性に向かっているため、新しいビジネス モデルによってユーザーは特定のソリューションやベンダーに縛られることがなくなっています。

詳細については、2010 年 10 月 7 日の「PLM Jungle or PLM State」をご覧ください。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>