テクノロジ ロックイン : ユーザーに特定の CAD ツールへの標準化を強いるべきではない理由

CAD 市場が成熟しツールが高度化するにつれ、多くの企業が特定の CAD プラットフォームに標準化する必要に迫られています。ベンダーは自分たちのツールや設計手法を導入しなければ 3D CAD のメリットは決して得られないという触れ込みで、広範な宣伝を行っています。

顧客から最大限の収益を確保するという純粋な目的とは別に、多くの CAD ベンダーが、CAD システム間の相互運用性という CAD 市場に残る大きな問題を解決するため、標準化の議論を進めています。この問題の中には、顧客がトレーニングとソフトウェアの両方で、システムの切り替えに伴う高いコストに頻繁に悩まされていることも含まれます。

利用する設計とパラダイム (2D、3D ダイレクト、3D パラメトリックなど) を自分で選ぶことができるのなら、ユーザーは最も容易かつ効率的に自分の作業を進めることができるモデリング パラダイム (およびツール) を選択するはずです。これは、日々の生活でよくあることです。地面に穴 1 つ掘るにしても、簡単な移植ごてから、強力なバックホーまで、方法は数多く存在します。

人は本来、自分個人の状況と目下のタスクに応じて “適切な” 選択を行うものです。しかし、CAD の世界では、そうはいきませんでした。モデリング パラダイム間の相互運用性の欠如、また、設計プロセスのすべての関係者がデータを共有する必要性から、多くの企業は単一のシステムおよびパラダイムへの標準化を模索しています。

これは “妥協的” な方法であり、多くのユーザーがさまざまな機能を使えるようになりますが、その結果として必要以上の複雑性を発生させることにもつながります。仕事が花を植えることだけの人にも、バックホーを渡すようなものです。一部のベンダーは 1 つのツールで複数のモデリング パラダイムを提供しようとしていますが、複雑性と相互運用性の問題は、1 つのツールだけでなく、1 つのパラダイムへの標準化にもつながります。ベンダーは共通のプラットフォームで一連のソリューションを提供し、それぞれのユーザーが自分の作業に最適なモデリング ツールを選択できる柔軟性を与えることが理想です。

迅速にアイデアを取り込んで広範囲に伝達するには、2D が最適な場合があります。一方で 3D ダイレクト モデリング ツールが適している場合もあります。こうしたツールはモデルの操作に関しては 2D と似た操作感がありますが、真の 3D モデルが備える 2D にはないメリットと機能性もあります (干渉チェック、シミュレーション、リアルなイメージなど)。分析担当者や顧客対応エンジニアなど、設計プロセスに携わる多くの人々にとって、このアプローチは道理にかなったものです。そして最も高度なアプローチであり、広く採用されているのは 3D パラメトリック モデリングです。パラメトリック設計のアプローチを利用することで、ユーザーは “プログラム” を指定してモデルを構築できます。この手法は非常に強力ですが、その反面、操作性はより複雑になります。詳細モデルのファミリーを作成する設計者や、プログラムによって変更可能なモデルのメリットに注目する人々にとっては、多くの場合このアプローチが適しています。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>