CAD 市場は成長しているが、問題は残っている

1990 年代を通して CAD 業界は、3D ソリッド モデリング ツールの導入や、これらのツールが製品設計の手法を大きく変えるという期待感によって活況を呈しました。パラメトリック モデリングなどの革新的な手法が、競合他社に先んじようとする先進的な考えを持った組織の間で広く普及しました。すぐに多くの企業がこの流れに追従することとなり、この 10 年間で 3D モデリングは競争優位性を獲得するための必須の技術となりました。しかしそれ以来、CAD 業界に大きな変革は起こっていません。ベンダーは少しずつ技術の改良に取り組んできましたが、それまでのような “大きな技術革新” はありません。

新たにリリースされる CAD システムでは、UI の手直しや、より自動化された機能、特定用途のモジュールに重点が置かれています。

モデリング パラダイムに変化はなく、CAD 市場は成熟した、または低迷期に入ったという見方が広がっています。通常は、ある業界がこのレベルの成熟度に達する頃には、大きな問題はすべて解決されているはずです。しかしこの製品開発の世界では、大きな問題は解決されないまま残っています。開発サイクルが進んでいく中でチームに加わり、製品に変更を加える人々の数が増えていますが、ユーザビリティは重要な問題であり続けています。アセンブリ管理と相互運用性の問題も解決されていません。

ただ、大きな問題がある場所には、技術革新の大きなチャンスがあります。PTC はこのほど、あらゆる CAD 製品のユーザー 4,000 人以上を対象にアンケート調査を行い、CAD に関する不満について尋ねました。
上位の結果は次のとおりです。

32 % : CAD 設計 (特に他人が作成した CAD 設計) の変更
19 % : マルチ CAD データの有効利用の難しさ
14 % : 大規模で複雑な製品の複数の構成を作成、検証することが困難
10 % : 他部門からの即時対応を迫られる作業
9 % : 新人教育などのトレーニング

この結果をどう思われますか。CAD は成熟したのでしょうか。ご自分の経験から思い当たる回答もあるかもしれません。コメントをお寄せいただき、意見交換を行いたいと考えています。

このブログを購読することもご検討いただき、機械系 CAD 市場の定義を変え続けるためのご支援をいただければと思います。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>