AnyBOM Assembly – PLM と連携し、シリアル番号固有の製品構成を作成、検証

AnyData-Adoption近年では、マス カスタマイゼーション、プラットフォーム設計、そしてモジュール型アーキテクチャによる設計が製造業にとっての新たなフロンティアであると言われています。しかしこれらの課題に取り組む際には、データ管理が大きな問題となる場合があります。わずかなオプション数でも製品構成数は数万単位に及ぶ場合があるため、多くの製品バリエーションは一度もモデリングやテストが行われず、ドキュメントも不正確になってしまうのです。もちろん、手動による 3D モデルの作成はどのような BOM からでも可能であり、これは従来から実現されていました。Creo AnyBOM Assembly が従来の手法と大きく異なるのは次の点です。

  • AnyBOM Assembly は、PTC の PLM ソフトウェアである Windchill と連携できます。多くの場合、有効な製品構成を定義するビジネス ロジックはこの Windchill に格納されます。
  • AnyBOM では、トップダウンのビジュアルなシステム ナビゲーションで製品オプションを選択できます。このため、特定構成の構造をビジュアルに作成できます。
  • AnyBOM では、製品のあらゆるバリエーションの 3D 構成を自動的に作成できます。このため、サービス計画や生産計画を構成ごとに作成できます。

Creo では、すべての構成をすぐさま 3D で表現できるだけでなく、製品開発に関わるすべてのメンバーがこれらのモデルを利用してそれぞれのニーズを満たせるため、従来のマス カスタマイゼーションとは比較にならないほど優れた効率性を実現できます。AnyBOM Assembly を使用すると、無数の 3D 構成を BOM から手動で作成するという厄介な問題を解決できます。これにより、製品開発の柔軟性や効率性、チーム連携を大幅に強化することが可能となります。さらに、PTC 独自の機能によりシリアル番号固有の製品構成を CAD システムで表示、検証できるため、製品の信頼性も向上します。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のテクノロジ 、タグ: , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>