AnyData Adoption – あらゆる CAD システムで作成されたデータを活用

「製品開発を独力で行うことは不可能です。製品開発企業では、サプライヤや顧客から提供される情報、自社とは異なる CAD システムで作成された可能性があるデータを確実に利用できる必要があります」エイサ・トレイナー (Asa Trainer)、PTC、プロジェクト管理部門ディレクターこれは真実ではありますが、だからと言って、自社が使用する CAD ソフトウェアを関係者全員に使用させることは、不可能ではないにしても現実的ではありません。Creo というビジョンにおいて、AnyData Adoption が不可欠であるのはそのためです。AnyData Adoption を使用すると、PTC の製品で作成されたのではないデータを含め、さまざまなコンテンツを各 Creo アプリで活用できるようになります。Creo にはスケーラビリティに優れる次のビューが用意されており、従来のようにデータ変換を行うことなく非ネイティブのデータを表示できます。

  • インタラクティブ ビュー。データを表示するだけの場合や大規模モデルを簡単にナビゲートするだけの場合は、CAD データの軽量バージョンをダウンロードできます。このため、あらゆるサイズのアセンブリをすばやく Creo に読む込むことができます。
  • CAD 非依存ビュー。コンテンツのモデリングや解析が必要な場合は、軽量モデルをすばやく CAD 非依存フォーマットに変換できます。このフォーマットは、多くの Creo アプリで扱うことができます。
  • 完全編集ビュー。正確なデータを編集する必要がある場合は、完全に編集可能なバージョンのデータを作成できます。このデータに対しては、アセンブリの操作や新しいフィーチャーの適用、ジオメトリの直接編集を行うことができます。

このように非ネイティブのモデルに対応するビューが複数用意されているため、モデルを Creo アプリにダウンロードする際、不要なコンテンツのために長時間待たされることがありません。AnyData Adoption は、あらゆる製品データを容易に、そして実用的なレベルで活用可能にします。これにより、自社やサプライ チェーン、マルチ CAD 環境にわたる製品開発プロセスの柔軟性や効率性、チーム連携を大幅に強化し、設計品質を向上させることが可能となります。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のテクノロジ 、タグ: , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>