創造性の発揮

製品開発チームのメンバーは、数多くのアイデアを持っています。問題の新しい捉え方、複雑な製品をシンプルに扱う方法、より現実的にプロセスを実施する方法など、アイデアの内容は多岐にわたることでしょう。製品を新規開発する場合でも既存の製品を改良する場合でも、優れたアイデアは製品開発に違いをもたらします。しかし、アイデアをうまく活用するためには次のような問題を克服する必要があります。• 最初に発案されたアイデアが最良のアイデアであるとは限らない。通常、最良の成果は多くの失敗の積み重ねによってもたらされます。それは、どれだけ有能な人物であっても例外ではありません。実際、白熱電球を発明したトーマス・エジソンでさえ「(発明に成功するまでの間に) 電球ができない方法を 1,000 種類発見した」と述べています。さらにチームで作業を行っている場合には、他のメンバーに対して複雑なビジョンを正確に表現し、構想を共有するという作業が必要になるため、最良の解決策を導き出すことは一層難しくなります。またこのような問題をソフトウェアで解決することも容易ではありません。• CAD ツールの操作が難しい。製品開発の現場では、製品についてのアイデアは通常 CAD 設計として表現されます。日頃から 3D CAD ソフトウェアを使用している設計者であれば、このことに何の不都合もないでしょう。しかし、製品マネージャや解析担当者、ツーリング担当者の場合、どれだけ簡潔ですばらしいアイデアであっても、それを CAD 設計として表現することは至難の業です。もしチームのメンバー全員でアイデアを進化させ成熟させることができれば、各メンバーの専門知識と創造性を製品開発に活かせることになります。たとえばマーケティング担当者であれば、フォーカス グループからのフィードバックに基づく解決策を提案でき、サービス技術者なら、メンテナンス性の向上に役立つアイデアを示すことができるでしょう。このように、各分野の専門家ならではの意見を採り入れることができれば、あらゆる製品をよりよいものにすることができます。Creo は、まさにこれを実現する製品です。Creo を使用すると、チームのメンバー全員が製品の設計プロセスに関与し、アイデアを提案できるようになります。ビューア、2D システム、レンダリング、ダイレクト モデリング、パラメトリック モデリングなど幅広いツールが用意されているため、各メンバーは自身のスキルや目的に応じて最適なツールを使用できます。さらに、ツールからツールへの移行もスムーズに行うことが可能です。つまり Creo を導入すると、初心者ユーザーから利用頻度の少ないユーザー、熟練ユーザーに至るまで、チームの誰もが製品開発ソフトウェアを活用可能になるということです。具体的に説明しましょう。• Creo AnyRole Apps を使用すると、目的の作業に最適な機能を備えたアプリケーションを必要なときに必要なユーザーが利用できるようになります。これにより、チームのすべてのメンバーが製品開発に関与して、創造性を発揮することが可能となります。

Creo AnyRole Apps を使用すると、ユーザーは作業に最適なツール (2D 設計ツールなど) を選択できます

With Creo’s AnyRole Apps, users can select the right tool, for example a 2D design app

• Creo AnyMode Modeling を使用すると、用途に応じて最適な設計パラダイムと設計手法を選択できます。2D やダイレクト、パラメトリックを使い分け、設計意図を保持したまま透過的にパラダイムを切り替えることができます。

Creo には、マーケティング担当者向けのレンダリング ツールなど幅広いアプリが用意されています

Creo offers a broad range of apps, including rendering for marketers, for example

そして何より、チームが秘める創造性を最大限に活用できるようになります。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のメリット 、タグ: , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>