組織の効率性向上

近年では、マス カスタマイゼーション、プラットフォーム設計、そしてモジュール型アーキテクチャによる設計が製造業にとっての新たなフロンティアであると言われています。部品の共通化やスケーラビリティの向上、相互運用性の強化を行うと、製品のバリエーションを広げ、極めて多様な顧客のニーズにも対応できるようになります。たとえば、自動車のオプションを 100 種類用意すれば、1 万とおり以上の構成を実現できます。このような方法でカスタマイズに対応すると、効率よく製品の種類を増やすことができます。しかし、多くの PLM システムや CAD システムでは、このように爆発的に増加する構成数に効率よく対応することはできず、次のような問題が発生します。• 多様な構成の管理が極めて複雑化する。多くの場合、これらの管理は手作業で行う必要がありますが、それは現在の CAD ツールでは不可能であるか現実的ではありません。• すべての構成をモデリングすることが困難。構成は、3D モデルに関連付けられていない単純な BOM として定義されます。このため、考えられるすべての構成の 3D モデルを検査することは容易ではなく、一部の構成はチェックされないままとなる可能性があります。• ドキュメントに構成が反映されない。仕様書やマーケティング資料、サービス マニュアル、メンテナンス マニュアルに、製造した製品の構成を完全に反映させることが困難になります。これらの結果として、製品にさまざまな問題が発生するおそれがあります。たとえば、実際にオプションを組み合わせたときに初めて干渉が発生することに気付く、特定の構成についての情報がサービス マニュアルに記載されていない、などです。このような問題を解決するには、PLM プラットフォームを共通化して、すべての関係者が容易に BOM の構成へアクセス可能にする必要があります。またこれらの BOM から、ドラッグ アンド ドロップで簡単にモデルを作成できることも重要です。さらに、手動で作業をすることなく、考えられるすべての構成の 3D モデルを自動的に作成できる必要があります。Creo は、まさにこのすべてを実現する製品です。Creo では、スケーラビリティに優れる一連の設計アプリが、共通の PLM システムと連携する共通のプラットフォーム上で提供されます。そのため製品開発に関わるチームやメンバーは、自身のニーズに最適なアプリを利用できます。またビジュアルな検査や設計の最適化、マーケティング資料の作成、ドキュメントの作成を行う場合には、すべての構成の 3D モデルに BOM から直接アクセスできます。つまり Creo を使用すれば、無数の 3D 構成を BOM から手動で作成するという厄介な問題を解決できるというです。具体的に説明しましょう。• Creo AnyBOM Assembly を使用すると、製品の 3D 構成を即座に作成できるため、すべてのユーザーがすべての製品構成を容易に扱えるようになります。Creo では、すべての構成をすぐさま 3D で表現できるだけでなく、製品開発に関わるすべてのメンバーがこれらのモデルを利用してそれぞれのニーズを満たせるため、従来のマス カスタマイゼーションとは比較にならないほど優れた効率性を実現できます。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のメリット 、タグ: , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>