製品開発における価値の実現

「製品開発プロセスをさらに改善することはできないだろうか?」。製品開発企業の経営幹部は、日々このように考え続けています。世界中のライバル企業や意気盛んな新興企業が台頭する中、多くの製造業企業は、市場投入期間の短縮やコストの削減、製品の品質向上を早急に実現する必要に迫られているのです。一見したところ、社内にはもう改善の余地は残っていないように見えるかもしれません。作業プロセスを効率化し、最新のベスト プラクティスを導入して、社員たちも懸命に働いているとなれば、そう考えるのも自然なことです。しかしそれは事実ではありません。ほとんどの企業は、製品開発プロセスの奥深いところに埋もれている潜在能力を活用し切れていないのが実情です。たとえば最も先進的な製品開発企業でも、いまだに次のような問題に悩まされています。

  • CAD システムやデータ管理システムに互換性がない。多くの製造業企業は製品開発インフラを構築するのに、異なるソフトウェア ベンダーが提供する複数の 2D / 3D CAD システムと、さまざまな情報管理ソリューションを組み合わせています。
  • チームが縦割り組織となっており連携できていない。互換性のない複数の CAD システムを運用する場合は、各チームを相互に独立させ、それぞれが自身のニーズに最適なソフトウェアを使用するという方法を採用するのが一般的です (これは同時に、問題の根本原因でもあります)。たとえば、一方のチームでは 2D システムとローカル ファイル システムを使用し、他方のチームではパラメトリック モデリング システムと PLM システムを使用するというケースです。この場合、どのチームもフォーマットの異なる他のチームのデータを扱う必要がない代わりに、他のチームの成果物を再利用することもできません。これは、さらなる機会損失につながります。
  • 代替案にもコスト増や柔軟性低下の問題がある。データの互換性問題や設計チームの連携問題に悩まされていた企業の多くは、その解決策としてシステムを 1 つに標準化する決断を下していますが、それに伴うコスト増や柔軟性低下に値する成果を得ることはできていません。

以上の結果として、多くの企業は製品開発の価値向上を図る重要な機会を逸しています。もし同じ構成部品を複数の製品で共有できれば、製品のコストを削減できます。またすべてのデータを一元的に把握できれば、より効果的にサプライ チェーンを活用し、より的確に経営上の意思決定を下せるようになります。さらに、過剰な機能を提供するシステムや、ロックインによって高額なメンテナンス料金、アップグレード料金を課すシステムを使用せずに済むようになれば、大幅なコスト削減を実現できます。Creo は、まさにこのすべてを実現する製品です。Creo では、スケーラビリティに優れる一連の設計アプリが共通のプラットフォーム上で提供されるため、誰もが自身のニーズに最適なアプリを利用できます。さらに、他の CAD ツールと緊密に連携できるため、互換性問題に悩まされることなく、複数のアプリ (2D や 3D ダイレクト、3D パラメトリックなど) を使い分けて最大限のメリットを引き出すことができます。つまり Creo では、あらゆる設計ツールを柔軟に組み合わせて活用し、製品開発プロセスに埋もれていた価値を引き出すことができるのです。

AnyData Adoption

Incorporate data from any CAD system with Creo’s AnyData Adoption

具体的に説明しましょう。

  • Creo AnyData Adoption と AnyMode Modeling を使用すると、製品開発プロセスで作成された重要な情報を作成者以外のユーザーが再利用できるようになります。
  • Creo AnyData Adoption を使用すると、あらゆる CAD システムのデータを Creo の各設計アプリで扱えるようになります。このため、既存のツールを併用するかどうかにかかわらず、Creo の導入コストを最小限に抑えることができます。
この投稿の“カテゴリー”: Creo のメリット 、タグ: , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>