同時並行の設計 : 新しいコラボレーティブ パラダイム

現代の 3D 設計ツールとコラボレーション設計手法が登場する前は、製品開発作業は順序立てて構造化された開発プロセスの中で進められていました。設計者はコンセプト段階で設計アイデアを提出し、それが承認された後に 2D 図面やスケマティックを作成していました。それらの 2D 図面と関連する工学技術計算に基づき、設計は研究施設に送られます。そこで物理的なテスト用のモックアップが作成され、構造上の整合性が検証されました。検証後、設計は製造部門にわたり、製造段階に入ります。いずれかの段階で問題が検出された場合は、設計を文字通りゼロからやり直すこともありました。これに対し、今日の設計プロセスは大きく様変わりしています。グローバル化が進み、企業間にまたがる設計チームを結成する傾向が強くなったため、新しい製品開発は今やチームで取り組む作業になっています。広範囲になった設計チームには、製造、購買、物流、サービスおよびサポート、販売およびマーケティング、さらには顧客まで、設計部門以外のメンバーも含まれます。こうしたチームによって、製品の設計、生産、サポートに関わる重要な機能に初期段階から関与できるメカニズムが実現します。製品モデルが設計サイクルの中を進むにつれ、チームのメンバーはサービス性、市場性、構造上の整合性、アセンブリの操作性、製造性などの問題を頻繁に同時並行で評価し、個々の専門知識に基づいてモデルに変更を加えるか、またはモデルへの変更案を提出します。このようなコラボレーション設計手法によって製品の設計とプロセスが同時設計で進められるようになり、高い競争力を持つ製品の開発の成功を左右する要素が、初期段階から考慮されるようになりました。同時並行の製品開発の目的は、多様な専門部門にまたがる機能を統合することで、顧客のニーズを満たす製品を迅速に市場に投入することです。この場合の同時並行には、次の 2 つの意味があります。同時並行で作業を進める複数部門にまたがるチームに大きく依存するということと、こうしたチームが同時並行でできるだけ多くの作業をこなすということです。同時並行の製品開発を行うことで、製品開発に関わるあらゆる分野の専門家が可能な限り早い段階で、可能な限り頻繁に製品設計に直接貢献できるようになります。こうした設計手法によって設計サイクルの大幅な短縮化が促進されますが、一方では複雑性のレベルも大きく上がってしまいます。設計チームが共同で CAD モデルを構築し、分析とシステムの構成を進めてお互いに共同作業を行うと、CAD モデルの複雑さは増していきます。そうなると、チームは生成される膨大な量の製品データの整理に注力する必要があり、そうした全データには、設計に関わるメンバーがいつでもアクセスできる必要があります。効率性の向上を実現できる可能性がありますが、管理部門は分散化された設計を同期化し、分散化されたプロジェクト チームを連携させるよう意識しなければなりません。設計チームの連携に対して必要な投資を行わないと、プロジェクト管理が立ち行かなくなることもあります。現代の企業には、同時並行で機能し、ダイナミックな同期化を絶えず必要とする相互接続ノード ネットワークのような敏捷性が求められます。こうした設計プロセスを管理するには、コラボレーション ツールをはじめとする多くの重要な技術ソリューションを導入する必要があります。また、同時並行の製品設計は、エンジニアがこれまでに習得した順序立てた作業手法とは根本的に異なります。新しいパラダイム モデルでは、順序立てて開発が進められていくわけではありません。製品モデルは分析とシミュレーションが同時に行われていく中で絶えず修正され、その一方では市場投入期間を短縮化できる製造方法を決めるため、プロセスのプランニングが進められます。この新しいパラダイムでは、製品データの見張り役を担うことが多かったエンジニアの役割も変化します。設計に関わる共同作業者が把握できる形式で関連設計データを参照できるようになり、中核となる CAD モデルの柔軟性も維持されます。繰り返しになりますが、これらの作業を促進する多くの技術ソリューションがある一方で、同時並行の製品設計は、エンジニアの開発プロセスに対する考え方とプロセス内の役割に課題を投げかけるものです。この設計手法によって、企業間、部門間にまたがる設計チームとサプライ チェーンのコラボーレション設計が最適化されて設計プロセスが短縮化し、開発コストの削減と収益の増加につながります。しかしこれを実現するためには、企業は同時並行の開発の助けとなるプロセスとテクノロジの導入に、常に気を配る必要があります。市場投入期間の短縮とエラーの削減以外にも、最終的にはよりクリエイティブで直感的な設計プロセスが実現し、世界中に分散化された製品開発チーム全体に革新をもたらします。Creo は、チームのメンバー全員が最も使いやすいモデリング ツールを自由に選択できるようすることで、同時並行の製品開発作業をより良いものに変えられるでしょうか。お客様のご意見をお寄せください。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>