CAD マネージャは景気回復に備えたプランを考案しなければならない

ここ数年間は景気回復の兆しがほとんど見えない暗い時代でしたが、CAD マネージャは将来的に見込まれる市場の成長に備えてプランを練っておく必要があります。多くの人々がプロジェクトのサポートに追われ、CAD 管理のプランニングを行っていないようなときには、これは難しいことのように思えるかもしれません。自分の仕事を続けられるかどうかを不安に思う方もいるでしょう。しかし、将来的なチャンスと成長の可能性を収益に結びつけるため、CAD マネージャは、エンジニアが現行のソフトウェアとシステムを最大限に活用していることを確認し、今後市場が上昇傾向に転じた場合にアドバンテージを得られるよう意識しておく必要があります。近い将来に導入されるテクノロジをうまく利用するための戦略も考案しなければなりません。CAD マネージャは、予算、トレーニング プログラム、ファイルとデータの管理、ソフトウェア アップグレードの展開、CAD 標準規格の順守、ハードウェアのメンテナンス、テクニカル サポート業務、生産関連のサポート業務に注力し続ける必要がある一方で、景気回復後に有利な立場を確保する上で考慮しなければならない別の問題もあります。たとえば人員を増員することなく生産性を向上させるための目標設定、ソフトウェア コストの最小化、遠隔地の作業員に対するサポートの強化、CAD 管理コストの最小化、そして次世代テクノロジを導入するための事前対応プランの策定などを行い、効率性の向上と無駄の少ない作業を可能にするということです。経済が低迷期にある間は、現行プロジェクトの推進が CAD マネージャの最優先課題となり、将来的なプランニングよりも優先されることが多いですが、このことを考慮すると、将来に向けたプランニングを行うのに早過ぎるということは決してありません。そのためには、マネージャには作業の適切な優先順位を計画的に決めることが求められます。「CAD Manager’s Newsletter」の著者であるロバート・グリーン (Robert Green) 氏は、CAD マネージャ、企業、経営者を対象に調査を行い、最優先で取り組むべき課題を次のようにまとめました。プロジェクトをより適切に進める : ここで重要なのは、将来的に不測の事態が起こる可能性をゼロにする (または最低でも大きく低下させる) 事前対応プランです。適切なユーザー サポートを行い、重要な CAD システムの効率的な運用を維持することで、作業を円滑に進めます。最終的には CAD 管理によって作業要件をサポートし、時間請求をプロジェクトに提出して無駄なコストがかからないようにします。より高速で安価な CAD インフラを構築する : 年 2 ~ 3 % ほどの生産性向上を目指します。ソフトウェアのインストールおよび導入方法を統一して時間を節約し、デバック作業にかける時間を減らします。その後、社内トレーニングを実施して標準規格やベスト プラクティスの有効活用を推進し、ユーザーに効率性を高める方法を教えます。長期的なプランニングと予算編成を行う : 短期的なプランが長期的なプランの代用になることはないため、マネージャは今後を見越したプランニングに注力し続ける必要があります。しかしこのことを念頭に置くと、長期的なプランニングと予算編成は、短期的な CAD 管理プランがすでに機能している場合にのみ有効です。将来的なプランの基礎は現行のシステムによって築かれるためです。近い将来に景気が回復するかどうかという点は推測に頼るしかありません。しかし CAD マネージャは、将来的に自分の企業が効率良く競争優位性を獲得できるように、プロセスを最適化して非効率性を排除し、利用可能なリソース (人材およびハードウェア / ソフトウェアの両方) を最大限に活用するプランを策定しなければなりません。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>