AnyRole Apps の追加デモ: 設計マネージャと構造解析担当者向けのツール

ある設計マネージャが設計の整合性を検証するとします。その場合、おそらく 2 次元断面のチェックや干渉の確認を行う必要があります。また、検証結果を確実に管理するため、注記の追加やレポートの作成も必要になるかもしれません。しかし多くの場合、設計マネージャにパラメトリック モデリング ツールは必要ありません。操作が複雑であるだけでなく、設計マネージャが決して使わない機能のためにシステムの動作が重くなるからです。次のデモでは、PTC のマイク・キャンベル (Mike Campbell) が、Creo AnyRole App で提供される設計レビュー用のツールをご紹介します。 フル機能のモデリング ツールが不要なのは構造解析担当者も同じです。Creo AnyRole App には構造解析担当者向けに、設計を簡略化し、荷重を個別に適用して結果を確認するためのツールも用意されています。こちらのデモもキャンベルがご紹介します。 Creo アプリのメリットを享受できるのは設計マネージャと構造解析担当者だけではありません。製造エンジニア製品設計者2D 設計者工業デザイナーマーケティング担当者にとってのメリットについては、リンク先をご覧ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のテクノロジ 、タグ: , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>