2011 年の重要なトレンド

不況にあえぎ、低迷する市場と国際競争の激化にさらされてきた製造メーカーにとっては、2011 年はうまくいけば力強い復調の年となる可能性があります。多くの新テクノロジが発達しており、国際市場での競争の足場を取り戻すための製造メーカーの努力に役立つ可能性があります。新たな年に企業をスリム化し、競争力を高める見込みの高いこうしたテクノロジと戦略のいくつかを、以下で見ていきましょう。PLM ソフトウェアの豊年 : 不況時を通して、多くの企業が運営費と人件費を大幅に削減しました。また、多くの企業が、力強く不況を抜け出す唯一の方法は、より効率的に競争を勝ち抜くためのテクノロジを導入することだと認識し始めています。Aberdeen Group 社の調査によると、開発スケジュールの短縮、製品コストの削減、サプライ チェーンおよび社外開発関係者とのコラボレーションの促進を望んでいる製造メーカーは、今後 PLM テクノロジの導入に向かう傾向が強くなると言われています。この調査では、”最高レベル” の PLM 導入を行った企業は、製品コスト目標を達成する確率と、製品開発コストが予算内に収まる確率が 8 倍、製品をスケジュールどおりに発売する確率が約 5 倍高かったことと、製品の発売までの時間を 21 % 削減できたことが示されています。これらの企業は PLM の初期導入に製品開発の基本要素を含める確率が 2 倍高かったことに加え、IT 予算で PLM をサポートする傾向が強く、PLM システムに関して先進的なプランを策定している確率が 80 % 高くなっていました。企業が社会性を高めることの重要性 : ソーシャル コンピューティング (Facebook や Twitter、LinkedIn ではなく、それを支えるテクノロジと原理のこと) は今後、生産性の向上と経済成長の促進を図るために、あらゆる組織の間で導入されていきます。すべてのソーシャル コンピューティング テクノロジが 2011 年に活発化するでしょう。したがって、企業は社内のコミュニケーションとコラボレーションを、パブリック ソーシャル サイトの戦略と統合し、1 つの協調戦略を構築することが予想されます。顧客とのコミュニケーションの強化、問題の把握、そして見込み顧客に対して魅力ある価値の提案を行うマーケティング ミックスの一環として、企業とソーシャル ネットワークの関係は深まっています。2010 年に企業が合理性を保ち続けるためには、複数のチャネルを利用して人々の声に耳を傾け、関心を引き、行動を起こして宣伝活動を行うことがさらに重要になります。さらに、設計チームが国境を越えて分散化している中、こうしたソーシャル ネットワークはチームのメンバーとデータや情報を共有する際の重要な架け橋ともなっています。たとえば、製品開発エンジニアが専門知識のほとんどない複雑なアセンブリの作業を進めている場合は、社内のソーシャル ネットワークを利用してクエリーを送信し、関連する専門知識を有している人間を探すことができます。その協力者の勤務先が同じビルであっても海の向こうであっても、共有スクリーンなどを利用してすぐに答えやアドバイスが得られます。ソーシャル ネットワークは、エンジニアやプロジェクト マネージャをはじめとする製品開発の専門家がより広範なネットワークにアクセスして情報を取得し、共通の利益を求めるグループやコミュニティを創出できるようになるという意味でも、有用なツールです。社内ソーシャル ネットワーク テクノロジを検討する際は、Yammer や MS SharePoint、PB Works、Zoho、Google Docs のソリューションを調べると良いでしょう。モバイル分野の急成長 : これは周知の事実ですが、Gartner Group 社の調査では、2010 年の終わりには、12 億人のユーザーが携帯型のコンピュータ機器を所有し、モビリティと Web の統合に適した環境が整うと見られています。大多数の従業員が各自でクイックアクセスの記憶装置を職場に持参し、重要なドキュメントや電子メールを保存しています。また、Apple 社の iPad をはじめとして、2010 年に発表または発売された多くのタブレット製品 (30 以上) も変革をもたらしており、Gartner Group 社は、2013 年までにビジネスの 80 % がタブレットを利用した作業をサポートするようになると予測しています。メディア タブレットのサポート要件は、企業間、企業内での使用法によって異なりますが、少なくとも、従業員が利便性のために自分のデバイスを持参する場合は、企業はネットワーク接続を制限し、機器レベルのサポート体制を取る必要があるでしょう。これには企業のメールとカレンダーへのアクセスや、接続性の問題に関するヘルプ デスク サポートなどが含まれます。製造メーカーにとっては、エンジニアと設計者がモバイル機器を使用して遠隔地で作業を進めている場合に、データの機密性をどう確保するかが問題です。そうした問題点を受け、各ベンダーはさらに強力なセキュリティ機能を追加しており、それは Apple 社が iPhone 3GS の暗号化機能を強化していることからも明らかです。Forrester Research 社の新しいレポートによると、今や北米およびヨーロッパの企業の 29 % が iPhone をサポートしており、Apple のセキュリティ強化策によって iPhone、iPad と企業との関係がさらに深まる基盤が整ったため、この数字は上がり続けると見られています。マス カスタマイゼーションの実現 : 顧客のニーズが細分化されたため、近い将来、それぞれに固有のニーズに合った製品を製造できるより機敏な生産手法が、大量生産に代わって台頭する可能性があります。新しいパラダイムであるマス カスタマイゼーションは、大量生産並みの効率性で個々の顧客のニーズを満たす製品を製造する際に必要となるテクノロジとシステムを包含しています。競争力を維持するためには、企業は柔軟かつ需要志向の戦略を採用し、さまざまな選択肢を提供する必要があります。マス カスタマイゼーション戦略では、効率性が重要な基準となります。通常、ある程度のカスタマイズ性を製品に取り入れるとコストが増加してしまいますが、受注製品では実際のニーズに基づく製造コストによって、無駄を削減できる可能性があります。近年は設計コストとツーリング コストも減少しており、より小規模に製品のバッチやプロトタイプを製造することの実用性が高まっています。製造プロセスにおける柔軟性と、顧客との開かれたコミュニケーションが、効率的なマス カスタマイゼーションの二大要素です。実際、顧客と密接にコミュニケーションを取り続けてニーズを把握し、カスタマイズされた製品に関する意見を聞くことが、マス カスタマイゼーション プロセスには不可欠であり、革新や新製品開発の助けともなります。画像提供 : Amodiovalerio Verde

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>