不況脱出後 : 企業が成功するにはイノベーションが必要

世界の製造業界全体が複数年にわたる不況から徐々に回復しつつあることを示す証拠が相次いでいます。しかしこの朗報の一方で、消費者と製造メーカーの側にはかなりの警戒感が見られます。経済指標は消費者支出の上昇を示していますが、製造メーカーは保守的な姿勢を保ち、投資を低く抑えて、非常にリーンでアジャイルな製品提供戦略を実施する必要があります。生産発注と新製品発売は増えていますが、業界を問わず、消費者は依然としてコストに敏感です。需要が不確実なため、サプライチェーンのパートナーは流動資産への投資に消極的なままです。

AMR Research 社によれば、こうしたさまざまな要因から、製品ライフサイクル管理 (PLM) 戦略では、価値を重視した設計を支援すると同時に、サプライチェーンに非効率性をもたらす製品の複雑性と可変性を最小限に抑える必要があります。現在は Gartner Group の一部となっている AMR Research のレポートでは、製品業界の全体的なトレンドとして、市場の需要を綿密に反映した、価値重視の製品作りに向かっていることが示されています。製造メーカーにとって肝心なのは、このような経済状況下では、ミスを犯す余地はほとんどないということです。

製品イノベーションと PLM に関する AMR Research のレポートでは、次のようなトレンドを特定しています。

コストに敏感な消費者。
製造メーカーは、消費者の側に購入を再開する用意があることを歓迎していますが、購入の意思決定は価格に大きく依存します。製品開発チームは、サプライチェーンを混乱させることなく、さまざまな需要価格に対応した新製品の設計に注力する必要があります。こうした新たな制約の下で製造業務を支援するには、現実的な予測を立て、サプライチェーンの混乱を最小限に抑えるために、顧客の行動とコストを的確に把握できることが PLM ソフトウェアに求められます。

価値提案。
コンシューマー製品大手の Proctor & Gamble 社は昨年、攻撃的とも言えるほどの数の新製品を発売しました。このことは、イノベーションを促進し、コストに敏感な顧客にとっての価値をより重視しようという全体的な傾向を映し出しています。製造メーカーがこれを実現するには、新製品コストに引き続き重点を置きながら、変化する顧客のニーズを理解しこれに対応するためのアジャイルな戦略を展開する必要があります。それは、PLM アプリケーションを利用して、顧客のニーズを取り込み、検証し、製品開発に反映させることで可能となります。PLM アプリケーションにより、コラボレーティブな製品設計プロセスの管理の強化、イテレーションの合理化、設計サイクルを通じて変化する設計の検証も可能です。

サプライチェーンの管理の強化。
設計の多様化も一因となっている需要の変動は、サプライチェーン内の下位のサプライヤに深刻な影響をもたらしかねません。インセンティブを慎重に使用して標準的な製品に顧客を誘導することで、この不安定性を低減できます。AMR Research によれば、サプライチェーンの混乱緩和に役立つ方法が 2 つあります。まず、材料の直接調達は、開発者が、従来の見積もり依頼 (RFQ) プロセスとサプライヤ部品カタログを利用して、推奨サプライヤや推奨材料を見つけるために役立ちます。グローバルな製造計画は、設計の製造可能性のシミュレーションと、製品と製造プロセスの同時開発を可能にします。このまま景気回復が続けば、企業は、顧客に対する価値提案に注意を払いながらも、イノベーションに再び注力するようになり、新製品発売が増え、それに伴ってサプライチェーンへの需要も高まるでしょう。このように流動的な状況を管理するには、PLM 戦略を見直し、ビジネス目標との整合を確認する必要があります。

画像提供 : qisur

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>