テクノロジ ロックイン : 役立たずの製造ソリューション

特定のブランドの刃を使用しなければならないかみそり。運用可能なネットワークが 1 つに限られたスマートフォン。独自のリーダー以外は表示できないデジタル ブック

私たちは個人生活の中で、テクノロジ ロックイン、つまり、1 つの製品またはシステムが私たちを別の製品またはシステムに永遠に束縛する状況に日常的に遭遇しています。たいていは、それは不便なことであり、ともするとコストも高くつきます。しかし、企業にとって、テクノロジ ロックインはビジネスに深刻な影響を及ぼしかねません。

ビジネス データを新しい、より良いビジネス インテリジェンス ツールに効果的に移行することができなかったり、従業員の電子記録をより近代的な HR ソフトウェア システムに読み込むことができなかったりしたら、どうでしょうか。ロックインによって、企業の選択肢、柔軟性、ベスト プラクティス、さらには新たなテクノロジの利用さえも阻害されかねません。また、困ったことに、ほとんどの製造メーカーでは、エンジニアリング関連の部門、チーム、テクノロジのロックインが数多く存在します。

CAD のわな

ほとんどの企業にとって、人は最も重要な資産です。特に製造メーカーの場合は、人が知的財産 (IP) や製品設計データを密接に結びついています。そしてその IP と設計意図は 2D 図面や 3D モデル ファイルに取り込まれ、これらを介して利用されます。企業の CAD データには、自社の IP の多くがさまざまな形で具現化されています。しかし、その重要性にもかかわらず、CAD システムには、必ずといっていいほど、テクノロジ ロックインの最悪の例が含まれています。CAD システムは独自のネイティブ ファイルの読み込みを最も得手としており、外部のデータでの作業は一筋縄ではいきません。確かに、CAD ベンダーは、自社の製品は中間フォーマットまたは標準フォーマットのファイルを書いたりエクスポートしたりできるとしていますが、現実には、中間バージョンは変換時に一部のデータが除去され、新しいシステムで IP や設計意図を利用することはできません。企業はこうした IP を維持するためにさまざまな回避策を試していますが、結果は、必然的な混乱を生んでいます。企業は、既存のデータを効果的に編集するために古い CAD ツールを維持する一方で、今後の製品開発の改善のために新しい CAD ツールを追加しています。さまざまな業界の製造メーカーを対象とした最近の調査1 では、全回答者の 82 % が 3 種類以上の CAD ツールまたはフォーマットを利用しており、驚くべきことには 43 % が 5 種類以上の CAD ツールまたはフォーマットを利用しているという結果が出ています。また、全 CAD 製品のユーザー 4,000 人以上を対象とした 2010 年の PTC グローバル調査2 では、CAD に関する最大の不満として、多くの回答者がテクノロジ ロックインを挙げていました。

  • 32 % は、CAD 設計 (特に他人が作成した CAD 設計) の変更に関して、最も不満を感じていました。
  • 19 % は、マルチ CAD データの有効利用の難しさを訴えていました。

一部の回答者は、チームがこれらの問題への対処に費やす時間の 25 ~ 70 % は無駄であり、製品開発への集中を妨げていると答えています。

2 つのソリューション

どうやら、テクノロジ ロックインの問題を回避する明らかなソリューションが 2 つあります。推奨ファイル フォーマットでのレガシー データの再作成を含めて、1 つの CAD ツールに標準化するか、複数の CAD ツールを維持してさまざまネイティブ フォーマットで柔軟に作業できるようにするかです。このいずれのアプローチにもトレードオフがあります。

  • 新しいツールですべてのデータを再作成するのは、多くの製造メーカーが数十年分の 2D / 3D データを所有していることを考えれば、スタッフの割り当てとコストの点で非現実的です。
  • 一方、複数の社内 CAD ツールを維持すれば、しばしば支出、トレーニング、データの重複を招きます。また、IT とメンテナンスのコストなどの増大も予想されます。

第 3 のソリューションはあるのでしょうか。

テクノロジ ロックインは明らかに問題です。しかし、すでに存在するデータを再作成することなく、テクノロジ ロックインから解放してくれる新たなテクノロジが登場しています。これらのテクノロジにより、製造メーカーは新しい設計ツールに投資し、既存データを活用し、必要な設計意図と IP のみをレガシー ファイルに追加することができます。これにより、ほかのソリューションを用いた場合よりも製品開発期間を大幅に短縮し、スケジュールどおりに、より低コストで製品を開発できるようになります。貴社ではどのような状況でしょうか。エンジニアリング環境で使用されているツールによって、テクノロジ ロックインが生じていませんか。レガシー データが原因で、より新しい設計ツールに移行できずにいませんか。製品の設計意図または IP の一部が特定のツール専用の設計フォーマットに取り込まれていませんか。レガシー データで作業するために古い CAD ツールを利用していませんか。データの再作成に時間を費やしていませんか。テクノロジ ロックインに貴社がどのように対処しているかを教えてください。

1 Aberdeen Group による調査『Working with Multi-CAD? Overcome the Engineering Collaboration Bottleneck (マルチ CAD を利用している場合のエンジニアリングのコラボレーションにおけるボトルネックの解消)』(2010 年 10 月)

2 2010 年 7 ~ 8 月に PTC が実施
画像提供 : rosipaw

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>