中国の PLM テクノロジ採用は競争意欲を反映

数年にまたがる世界規模の不況にもかかわらず、中国経済は発展を続けています。政府の大規模なインフラ投資 (前年から 30 % 増) と国内市場におけるニーズ拡大が安定化を促していることもあり、厳しい世界規模の景気後退にもかかわらず、中国は 2009 年に国内総生産 (GDP) を 8.7 % 向上させています。

意欲的な成長戦略の一環として、製品ライフサイクル管理 (PLM) ソフトウェア市場の成長率が大幅に向上している、と CIMdata のレポートは報告しています。PLM は、特に航空・防衛、自動車、ハイテク産業で、大規模なディスクリート製造メーカーに広く採用されつつあります。中国の PLM 市場全体はまだ揺らん期にあり、特にグローバル経済全体の状況を踏まえると、その成長は驚くべきほどです。CIMdata によれば、中国の PLM 市場は 2009 年に 6.2 % 拡大し、その数値は 2010 年には 12 % に急上昇すると予測されています。

同調査会社では、中国のあらゆる業界で PLM テクノロジや PLM ソリューションへの投資が増大すると見ており、今後数年間は同国が国内外の PLM ソリューション プロバイダの利益拡大の場となると考えられます。そのほとんどを中国政府が所有する中国の製造メーカーは、イノベーションが製造業における持続的な成長の鍵となると認識しています。中国は、単に世界の製造センターにとどまらない存在として自国を位置づけています。中国企業は、独自ブランドの製品を設計、開発、製造することを政府から奨励されています。こうした意欲的な取り組みにもかかわらず、研究開発費は今後も世界の競合他社にはるか及ばないと CIMdata は見ています。中国の製造メーカーによる競争への取り組みを強化させるため、中国政府は、主要産業セクターに 6,000 億ドルを超える投資を行い、大胆な経済刺激プログラムを実施しています。

また、中国政府は、製造メーカーが情報技術 (IT) 環境の技術革新と改善に継続的に取り組むよう促すための資金提供も行っています。2009 年の PLM セクターの成長は、バーチャル リアリティ (VR)、ビジュアリゼーション、テスト データ管理 (TDM)、電子 CAD、文書セキュリティ、ダイナミック パブリッシング、エンジニアリング コンピューティングなどの新たな分野のテクノロジに主に支えられています。

中国の PLM 市場全体のうち、機械系 CAD は 22.7 % を占めます。中国企業とビジネスを行う企業にとって以前から問題となっているのが、知的財産の保護です。中国は、概ね国際標準に従った IP 法を制定してきましたが、不十分な法規施行と司法的解釈、手続き上の障害、強制力の弱さから、中国における企業の IP 保護の取り組みは思うように進んでいません。CIMdata によれば、中国の製造メーカーによる PLM テクノロジ採用によって、中国における IP セキュリティの状況は大幅に改善しています。また、独自ブランドの製品を開発する中国メーカーの増加に伴い、IP セキュリティは一段と重要性を高めると考えられます。

画像提供 : Kuwait-Ra’ed Qutena

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>