開発担当者による "無料" の Creo トレーニング

LearningExchange をご存知ですか。開発担当者や PTC のさまざまな専門家が登場する、ハウツーなどの有用な動画を扱っている Web サイトです。中でも特筆すべきは、無料で受けられるという点です。これはひとえに PTC 製品に慣れ親んでもらうことを目的としているためですが、話がうますぎると考える方もいるかもしれません。そこで今回は、PTC のカスタム学習プログラム責任者、アドリアン・ラサラ (Adrian LaSala) にこの点も含めて話を聞いて行きたいと思います。

最近の記事でマット・コーエン (Matt Cohen) の話を聞いた際には、PTC University がすでに学習プログラムを実施していることについて触れました。 以下で LearningExchange の役割とは何か、Creo 1.0 とどんな関係があるのかについて見て行きたいと思います。

GH: LearningExchange について教えてください。本当に無料なんですか?
ラサラ: LearningExchange は、無料のチュートリアルのほか、Creo、WindchillMathCADArbortext など、PTC 製品の無料の導入手引きを蓄積、公開、共有するための PTC の新しい Web サイトです。 すべて無料で利用できるだけでなく、コンテンツの閲覧に登録の必要もありません。

GH: どのような経緯で作られたサイトなのですか?
ラサラ: PTC が蓄積している大量の製品情報は、その一部がさまざまな場所で公開されていますが、必ずしも簡単に見つかるわけではありません。LearningExchange の役割は、膨大な優良コンテンツを集中管理することです。  まだ立ち上げたばかりですが、当社のユーザーにとっての有用なリソースとなり、PTC が有する製品情報への架け橋となるようにしたいと考えています。ユーザーに製品を最大限に活用してもらうことが目的です。

GH: LearningExchange ではどんな無料トレーニングを利用できますか?
ラサラ: LearningExchange には、”ハウツー” 関連の簡単なチュートリアルが用意されています。動画やテキスト、画像、またはその 3 つを組み合わせたコンテンツを使用したチュートリアルは、単一の作業に絞った内容となっており、PTC 製品の機能を調べる際に大いに役立ちます。チュートリアルは演習ベースではありません。学んだことはそのまま実践できるものではありませんが、チュートリアルで身に付けた知識は日々の実際の作業に合わせ応用して活用すると良いでしょう。

GH: 現時点で利用可能なコンテンツの量と、今後予定されているコンテンツについて教えてください。
ラサラ:  このサイトには、継続的に新しいコンテンツを追加して行く予定です。最優先で進めているプロジェクトは、Creo の導入手引き一式です。これらのチュートリアルは、Creo を使い始めたばかりのユーザーが Creo Elements/Pro や Creo Elements/ Direct などのほかのツールから Creo へ移行する際の役に立ちます。

GH: これまでのところ、サイトへの反応はどうですか?
ラサラ: とても好評です。ニーズに応えることができているのは明確ですし、購入前の段階でより詳細な製品情報を確認するために、チュートリアルに目を通すユーザーもいます。

GH: コンテンツは誰が作成しているのですか?
ラサラ: PTC には製品開発やソフトウェアの専門家が数百人います。このサイトは彼らの製品知識をユーザーと共有することを目的としています。当社の製品を使用することで、ユーザーには生産性を高め、製品に関するビジョンを実現してほしいと考えています。公開されているチュートリアルは当社の専門家たちが作成しており、特定分野の専門家の考え方がそのまま反映されています。機能の開発担当者が、あなたの横に座ってその仕組みを説明してくれるようなものです。ほかに PTC University の標準コースのコンテンツもあります。コース内容を確認するうえでも役立つでしょう。

GH: Creo 1.0 のチュートリアルが LearningExchange で利用できるようになるのはいつごろですか?
ラサラ: LearningExchange は今も活発に運営されているので、すでに手元にあるツールの使用方法について詳細な情報を見つけることができます。 Creo については多くのユーザーがリアルタイムで詳細を確認し、その仕組みについて理解したいと考えていることと思います。Creo の新しいユーザー インタフェースへの移行やダイレクト モデリングの概要などに関するチュートリアルを閲覧できます。

GH: 取り扱うコンテンツはどうやって決めていますか?
ラサラ: 実際には、一部を “選択” しているだけです。一部のコンテンツは PTC University チームが管理していますが、このサイトは有機的に発展し、PTC 全体のさまざまな人々がチュートリアルを共有する場所です。特に我々から指示がなくとも、専門的な機能に取り組んでいる開発者が簡単なチュートリアルを作成し、LearningExchange に公開することもあります。関心が高いトピックや “リクエストの多い” トピックについては常にチェックしてニーズに応えられるよう努力していますが、ここで取り扱うコンテンツやその作成者は一定ではありません。特定の機能について、PTC University のコースから一部のコンテンツを抜粋することもあります。

GH: LearningExchange は PTC の E ラーニング ライブラリと連動していますか?
ラサラ:  はい。LearningExchange 上に気に入ったチュートリアルがあり、E ラーニング ライブラリをすでに利用している場合は、関連コースを受講することもできます。ライブラリを購入する場合や、各地域またはバーチャルの次回の関連クラスを探す場合は、それらを検索することもできます。

GH: LearningExchange はほかのトレーニング手法の代用となるのですか?
ラサラ:  いいえ、そうではありません。前回のインタビューでマットが話していたように、PTC はツール、学習プログラム、プロセス、学習と製品双方の分野の専門家、そして複数言語に対応した最新コンテンツを、幅広く提供しています。当社は、生産性を最大化するための組織や個人の特定の学習ニーズを満たすため、効果的なトレーニング ソリュー��
�ョンを提供しています。それぞれのソリューションが重要な役割を担っているので、代用が効くものではありません。あるトピックの全容を把握するためには、LearningExchange を最初にご覧になると良いでしょう。LearningExchange を今すぐご覧ください。気に入ったなら同僚や友人にも紹介しましょう。Creo 1.0 のリリースに際し、Creo 1.0 と LearningExchange のさらなる詳細に関する今後の記事にご注目ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo の舞台裏 、タグ: , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。. コメントもしくはトラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>