メーカーがマス カスタマイゼーションへと移行するには

深刻な経済不況に見舞われている今日の市場では、メーカーが個別化したニーズへの対応を余儀なくされる傾向が強まっています。競争優位性を獲得するためには、メーカーは顧客のニーズに的確に応えるための戦略を導入し、一方では、コストの継続的な削減を迫る競争圧力の増加に対処する必要があります。顧客が実権を握っているのが現状です。顧客が望む製品を、顧客が望む価格で提供しなければなりません。新しいパラダイムであるマス カスタマイゼーションは、大量生産並みの効率性で個々の顧客のニーズを満たす製品を製造する際に必要となるテクノロジとシステムを包含しています。 これを実現するためには、企業は柔軟かつ需要志向の戦略を採用し、さまざまな選択肢を提供する必要があります。

マス カスタマイゼーションはテクノロジ プラクティスであるのと同時にビジネス プラクティスでもあるため、効率性が重要なポイントとなります。適切に導入するには、速度、柔軟性、効率性を最小コストで高めることができるテクノロジを活用する必要があります。さまざまなセグメントの個別の顧客ニーズに重点を置くための組織改変とこうしたテクノロジによって、製品のカスタム版を手頃な価格で利益率の高いニッチ市場に投入できるようになります。サプライ チェーンとともにより小規模でスケール メリットを拡大することで、小規模市場への対処に伴うコストも抑える必要があります。マス カスタマイゼーションの導入には新しいプロセスとサービスが求められますが、そうした新しい機能性を実際に備えている企業は多くありません。

通常、ある程度のカスタマイズ性を製品に取り入れるとコストが増加してしまいますが、受注製品では実際のニーズに基づく製造コストによって、無駄を削減できる可能性があります。近年は設計コストとツーリング コストも減少しており、より小規模に製品のバッチやプロトタイプを製造することの実用性が高まっています。企業が業績を高めるためには、十分な顧客価値を創出する製品を設計し、カスタマイズ費用の増加の根拠を示す必要があります。また、広範にカスタマイズ可能な製品を創出するためには、製造後期の段階で組み合わせることができるモジュール型コンポーネントを開発することも欠かせません。 製造面では、柔軟性が重要なポイントとなります。製造システムは、製品ファミリーを創出すると同時に設定と切り替えにかかる時間を最小化するために、調整可能なものでなければなりません。

レッスン 1: 顧客重視
製造プロセスの柔軟性と、顧客との開かれたコミュニケーションの 2 つは、効果的なマス カスタマイゼーションに欠かせない要素です。実際、顧客と密接にコミュニケーションを取り続けてニーズを把握し、カスタマイズされた製品に関する意見を聞くことがマス カスタマイゼーション プロセスには不可欠であり、イノベーションや新製品開発の助けともなります。製品のマス カスタマイゼーションに取り組むうえでは、顧客が重要な役割を担うことは明白です。

実際、革新的な製品の多くは顧客の領域から生まれています。革新性の高い顧客が起業家に転身したことで生まれたマス カスタマイゼーション製品の成功事例も多くあります。 メーカーがマス カスタマイゼーションを成功させるには、イノベーション プロセスを最適化できるよう、顧客の声に耳を傾けて意見やフィードバックを取り入れなければなりません。顧客が重要なパートナーとなるよう、社内プロセスを改変する必要があります。今日では、マス カスタマイゼーションで最高レベルの成果を上げているのは、大量生産からマス カスタマイゼーションへの移行を試験的に行っている古株のメーカーではなく、最初からオンデマンドのビジネス プロセスを取り入れていた企業です。伝統的なメーカーは、各自の規模に従って優秀なビジネス モデルを構築することに重点を置き、作業が増加した際の効率性に気を配る必要があります。

顧客にカスタマイズ情報を届ける
マス カスタマイゼーションの導入を進めている企業は、作成プロセスを通じて顧客に関連情報を提供する必要があります。マス カスタマイゼーションを実施している企業 500 社を対象に MIT が実施した最近の調査から、全体の 3 分の 2 近くが作成プロセスを通じて顧客に関連情報を提供していなかったことがわかっています。これは事実上、マス カスタマイゼーションを実施している企業の 66 % 近くが、色仕様や互換性チェック、推奨案内などの専門的な情報を提供することなくカスタマイズされた製品を販売していることを意味します。理想を言えば、カスタマイズ可能な製品を扱うメーカーは、多くの選択肢を提示する製品構成ツールのほか、関連情報やサポートも提供すべきでしょう。

カスタマイゼーション プロセス (共同製作) では、メーカーは営業担当者が面会や電話相談を通じて情報提供を行うのと同じように、選択プロセス中に専門的な情報を提供し、提案を伝えることができなければなりません。これによって選択肢が狭められる場合もあります。たとえば Dell 製のコンピュータが良い例です。以前、同社のオンライン上の受注生産 の PC やサーバー プログラムについて触れました。カスタマイズしたコンピュータを注文する際は、顧客は Dell の Web サイトを介して互換性のあるビデオ カードや上位オプションのリストから項目を選択できるようになっています。選べるビデオ カードは実際には数百種類に上っていますが、Dell は個々の基本製品に適した選択肢しか表示しません。無駄な選択肢を省くことでプロセスが簡略化され、互換性の問題が生じる危険性も低下します。顧客は自分に最適な製品を作成していると考えるでしょう。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>