ラスベガス万歳! Creo 万歳! PlanetPTC Live 万歳!

おそらく皆さん『ラスベガス万歳』という歌を聴いたことがあり、1964 年のこのアメリカ映画もご覧になったことがあるでしょう。この映画には、白いケープとスパンコールのジャンプスーツを着るようになる前の、歌手で俳優のエルヴィス・プレスリーが出演しています。エルヴィスは、ラスベガスは魂に火を付けると歌っていました。そしてそれこそまさに、Creo 1.0 が発表されるこの 6 月の PlanetPTC Live に期待される精神そのものです。少し前、私はこのイベントと、時期を同じくしてリリースされる Creo 1.0 についてお話ししました。このイベントまでわずか数週間となった今、モニカ・シモン (Mónica Simón) から最新情報をうかがいましょう。[編集メモ: 映画の原題の『Viva Las Vegas!』はスペイン語、奇遇ですがシモンはスペイン人です!]彼女は、ラスベガスでの PlanetPTC Live と Creo 1.0 に関して予定されているすべての企画をマネージメントするチームのメンバーです。

GH: PlanetPTC Live イベントでの Creo 1.0 に関する計画は順調に進んでいますか?
シモン:
前の記事でも指摘されているように、このイベントの目的は Creo 1.0 のリリースだけではありません。このイベントは、PTC のテクノロジ ソリューションをご利用の製品エンジニア、開発者、管理者、指導者の皆様が直接会って、学び、交流することができる場をご提供する、PTC のプレミア イベントです。でもこの記事では、Creo 1.0 に関してどのようなことが計画されているかをお話ししましょう。PlanetPTC Live では Creo 1.0 に関するすばらしい企画がたくさん用意されています。

GH: すばらしいですね! リリースを祝うためにどのようなことを予定していますか?
シモン: メイン セッションでは、PTC の製品開発担当エグゼクティブ バイス プレジデントのブライアン・シェパード (Brian Shepherd) が基調講演の時間の一部を Creo 1.0 に割くことになっています。それから、Creo 1.0 リリースのベスト プラクティスとロードマップに関するさまざまなセッションが予定されています。ご想像のように、このイベントは Creo 1.0 に関する内容が満載です。

GH: PlanetPTC Live ではユーザーが実際に Creo 1.0 を試すことができるのですか?
シモン: はい。PTC University のチームは、ユーザーに Creo 1.0 をお試しいただくために昼夜を問わず準備を進めています。ハンズオン ラーニング ラボでは、ユーザーが好きなだけ自由に Creo 1.0 を試すことができます。PTC University では、Creo 1.0 のトレーニングのみを行う講義形式のセッション シリーズもご用意しています。このシリーズは、重要な領域に焦点を当てた体系的なトレーニングをご提供します。これらのセッションはそれぞれ 2 時間です。目標は、ユーザーの皆様に仕事の質の向上のために必要なものをご提供することです。Creo 1.0 に関するこれらのセッションは大きな反響を呼んでいますので、お早めにご予約ください!

GH: 出席者が Creo 1.0 について相談したい場合についてはどうですか?
シモン: Creo のチームがソリューションズ エキスポに参加しています。ジョン・ブコウスキー (John Buchowski)、ブライアン・トンプソン (Brian Thompson)、エイサ・トレイナー (Asa Trainer) など、Creo の製品管理チームの主要メンバーも皆様のご質問にお答えします。これらのメンバーが Creo 1.0 の実演も行います。

GH: すばらしい Creo 1.0 のリリース イベントのようにですね!
シモン: PlanetPTC Live に参加しているほかのすべての PTC 製品、サービス、パートナーのこともお忘れなく。たとえば、Windchill 10.0 とその主な特長にもかなりの時間を割きます。

GH: このイベントには世界中の報道陣が集まるという話も聞きましたが?
シモン: はい。米国内だけでなく世界中の記録的な数の報道陣が PlanetPTC Live に出席する予定です。彼らは、イベントと Creo 1.0 のリリースの両方をカバーします。一部の報道陣は Twitter またはブログでイベントをライブ レポートする予定ですので、当日参加できない方も心配ありません。また、イベント後の数日、数週間、数カ月間に多数の記事やレポートが公開されるはずです。

GH: ラスベガスでの PlanetPTC Live に関する詳しい情報はどこで入手できますか?
シモン: Web 上に専用のエリアを設け、開催場所、スケジュール、内容、登録、料金など、この 4 日間のイベントに関する詳細情報を掲載しています。この専用サイトをご覧ください

GH: コストに敏感な方向けの特別料金はありますか?
シモン: グループ (同じ組織の従業員 3 人以上) 向けおよび政府機関または高等教育機関の職員向けの特別料金をご提供しています。

GH: これまでの登録状況はいかがですか?
シモン: 今年はメジャーな製品リリースが Windchill 10.0 と Creo 1.0 の 2 つあるため、大勢の参加者があるようです。そこで、今年の PlanetPTC Live では、「ラスベガス万歳! Creo 万歳! PlanetPTC Live 万歳!」といきたいものですね。[編集メモ: 特に Creo 1.0 について!]

画像提供: Mafue

この投稿の“カテゴリー”: Creo 1.0 の特長, Creo とは 、タグ: , , , , , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>