Creo の舞台裏: PTC のカスタマー アドバイザーが Creo 1.0 に取り組む

PTCユーザビリティ調査テクニカル コミッティを通じて Creo 製品に関するユーザーのフィードバックを収集していることについては、これまでに詳しくお話ししました。今週は、貴重なお客様からのフィードバックを得るためのもう 1 つのグループ、カスタマー アドバイザリー ボード (BOCA) について話をうかがいます。今週、PTC の Creo 製品管理担当バイス プレジデントのジョン・ブコウスキー (John Buchowski) が PTC による Creo の BOCA を主催します。そこで、このカスタマー アドバイザリー ボードのメンバー構成とこの組織の働きについて彼にお聞きしました。

GH: BOCA の目的は何ですか?
ブコウスキー: 主要な製品ファミリーごとに BOCA が存在します。目標は明快です。お客様の製品開発の迅速化、改善、低コスト化を支援するために、私たちが適切なことを行っているかどうかを、お客様から学ぶことです。

GH: Creo の BOCA にはどのような方が参加しているのですか?
ブコウスキー: 通常、(アドバイザリー) ボードのメンバーは、PTC ソリューションを利用している製造メーカーで製品開発の管理と改善を担当している人々の中から選ばれます。役職は、エンジニアリング ディレクター、VP、CIO、CTO などです。コンシューマー製品、産業機器、航空宇宙・防衛、自動車、医療機器、電子、ハイテクといった業界の方々が含まれます。また、さまざまな規模の企業を代表していることが重要であると考えており、玩具メーカーから軍需産業までに至る、従業員数 500 人から 30 万人以上までの企業のメンバーがいます。

GH: 特定販売代理店 (VAR) も参加しているのですか?その理由はどこにあるのでしょうか。
ブコウスキー: VAR は、さまざまな業界の中小企業の広範なニーズを代弁できます。それによって、私たちのプランがあらゆる規模のお客様とあらゆる種類の製造業界のニーズに応えるものであることを検証できます。

GH: 彼らが一同に会したときに、どのようなことが行われるのですか?
ブコウスキー: 必要なときに、通常は少なくとも年に 1 回、直接顔を合わせるミーティングを行います。BOCA ミーティングを 2 日間にわたって開催し、PTC 製品のロードマップについて話し合います。焦点となるのは、製品開発プロセスの改善です。PowerPoint によるプレゼンテーションばかりの 2 日間とはならないようにしています。インタラクティブなセッションで、製品の方向付けと戦略を PTC から説明した後、健全なディスカッションを行います。お客様は、これらのセッションで、Creo 1.0 の大局的な目標を理解し、Creo 1.0 を見て、Creo 1.0 について話し合うことができます。そして、製品開発プロセスを Creo によってさらに改善させるにはどうすればよいかについてのフィードバックも行うことができます。BOCA は、新しいアイデアを試し、既存のアイデアを検証または改良するための意見収集手段として機能します。

GH: たとえば、どのようなことに関するフィードバックを望んでいますか?
ブコウスキー: 最近は、2D 設計と、製品開発プロセスにおけるその位置づけについて話し合いました。具体的には、一般的なユース ケース、さまざまな適用分野 (レガシー データの編集など) の重要性、概念設計における 2D と 3D の統合などです。BOCA の面白い点は、ディスカッションがどのような方向へ進むかを予測できないことがよくあることです。

GH: 今週の BOCA ではどのようなトピックについて話し合いましたか?
ブコウスキー: 私たちが注目し、計画しているすべてのことを公開するわけにはいきませんので、話し合ったすべてのトピックをお話しすることはできませんが、お客様のプロセスと、それらのプロセスへの Creo のコア テクノロジ (AnyBOM、AnyMode、AnyData、AnyRole) の具体的な適用に関するディスカッションを行ったということは言えます。

GH: それらのトピックに関する早期のフィードバックには、どのようなものがありますか?
ブコウスキー: ほとんどすべてのトピックに BOCA 参加者は共感を抱いていらっしゃいます。これらは、ソリューションの向上と出席者への価値の提供を同時に実現する、有益な議論対象といえます。全体的に非常にポジティブかつアクティブなフィードバックが得られています。

GH: PTC が BOCA との活動を行う方法は、直接顔を合わせるミーティングだけですか?
ブコウスキー: いいえ、Web キャスト、1 対 1 の電話によるやり取り、投票や調査への参加もあります。さまざまな業界や企業規模を代表するフィードバックを得るために、定期的に BOCA から意見を聞いています。

GH: 企業が BOCA のアクティブ メンバーになるには、どうすればよいのですか?
ブコウスキー: BOCA は招待のみです。それによって、さまざまな規模、業界、地理的場所の有効なサンプルを保持できます。順番待ちのリストも管理しており、時には、このリスト内の企業で BOCA をリフレッシュ (あるいは新たに特定のトピックの BOCA を結成) することもありますが、企業が一度 BOCA に参加すると、その席を譲りたがらないのが実情です。さらには、PTC/USER の支援で実施されているテクニカル コミッティのプロセスを通じて、より戦術的なインプットを得ることも可能です。

GH: 後日、今週開催された Creo の BOCA の主要な参加者にインタビューし、このイベントと Creo 1.0 についてご意見をうかがった記事を掲載しますので、ご期待ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo の舞台裏 、タグ: , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>