原材料費の高騰を受けてイノベーションを余儀なくされる製造メーカー

製造業界が今、2004 年以来の急速なペースで拡大し、ようやく活気を取り戻しつつあります。全米供給管理協会 (ISM) は、製造業指数が 2 月に前月の 60.8% から 61.4% に上昇し、19 カ月連続の成長を記録したと報告しています。これは喜ばしいニュースではありますが、そうとばかりも言えません。統計データは全体的に明るい兆しを見せていますが、石油価格と原材料費の上昇を踏まえると、全体的にはそれほど楽観視できない状況です。中東で政治の不安定な状態が続く中で石油価格が高騰し続けており、原材料費も大幅に上昇しています。アジアとラテンアメリカの経済の拡大が原材料の需要を増大させ、価格の高騰を引き起こしています。こうした価格上昇を受け、製造メーカーは、不況で活気を失っている市場への価格上昇分の転嫁を回避するための変革に取り組んでいます。

銅が記録的な高値を付ける中、自動車、エアコン、商用冷蔵庫、産業部品などの製品の製造メーカーは、別の導電性金属、つまり銅よりはるかに安価な金属であるアルミニウムへの切り替えを余儀なくされています。この両者の間には、一部の製造工程の変更コストを正当化できるだけの価格差があり、同程度の通電を得るために必要な追加のアルミニウムのコストも賄えます。ここ 10 年で、中国の需要と産出量の制約が銅の価格を押し上げる中、こうした代替金属の利用が増えてきました。

アルミニウム メーカーの Alcoa Inc. によれば、この傾向が今後も続いた場合、年間精製量 1,900 万メートル トンの世界の銅市場の 20% がアルミニウムに置き換えられる可能性があります。また、製造業界全体にとって不可欠なほかのベース メタルの価格も上昇しています。ISM によれば、第一次金属分野の商品価格は、おしなべて上昇しているといいます。アルミニウムと鋼鉄の価格は 6 カ月連続で上昇し、銅は 7 カ月連続で上昇しています。少し前まで 1 トンあたり 520 ドルで売買されていた非常に一般的なグレードの鋼鉄が、現在は 720 ドルと、42% 上昇しています。景気の回復とともに、鋼鉄などの原材料の需要が高まり、価格が上昇します。その結果、原材料価格の上昇が製造業界の減速を招きかねません。そうした中、コストの上昇を価格引き上げという形で顧客に転嫁することなく、製造メーカーが原材料費の上昇に対処するには、どうすればよいのでしょうか。

「商品価格の上昇を生産性の向上、生産量の増大、価格回復のいずれかの方法で相殺することが課題となってきます」と、ISM の工場調査主席調査員のノベルト・オレ (Nobert Ore) 氏は言います。「この 3 つのレバーすべてを働かせることを試みます。誰も顧客に対する価格を引き上げることは望みません。それは需要に影響します」製造メーカーは全体的に、原材料価格の上昇に対処するため、効率の向上により人件費を削減する術を身につけてきました。

米国労働省によれば、工場の生産性は、2009 年の第 3 四半期から昨年の同期までに 4% 向上し、全企業の生産性の前年比向上率は 2010 年の第 1 四半期の最高時には、過去 48 年間で最も高い 6.3% に達しました。製造メーカーが原材料の使用を削減する 1 つの方法は、有限要素解析 (FEA) ソフトウェアによって設計を最適化することです。FEA ツールによって設計を解析することで、製品設計者は、製品の構造統合性を犠牲にすることなく、材料費を節約するための最適な材料の厚さを割り出し、設計を軽量化することができます。原材料費の上昇に対処する方法はほかにもありますが、その一部はリスクを伴います。中には、収益目標を維持するために新しいサプライヤを探す製造メーカーもありますが、それは多くの場合、低コストの国や地域へのアウトソーシングを意味します。この方法の欠点は、ほぼ間違いなくサプライ チェーンに混乱が生じることです。原材料を大量に一括購入するという方法もあります。これは、サプライヤとの取り引き材料となります。

また、原材料費の増加に対処するもう 1 つの方法として、すべてのサプライヤとの緊密で協力的な関係構築に全力を注ぐという方法もあります。関係が強固であればあるほど、すべての人にメリットがある公正な価格のバランスを取るために歩み寄ることができるチャンスが高まります。原材料の購入を統合するのも、原材料費の増大に対処するもう 1 つの方法です。賢い製造メーカーは、原材料価格の固定化に取り組んでいます。これは、自社を価格上昇から守るだけでなく、サプライヤのためにもなります。このような関係を築き、統合された購入力を利用することには、サプライ チェーン全体を不安定さと急上昇するコストから隔絶する効果があります。

画像提供: Snapping Kurtle

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>