Creo の舞台裏: Creo 1.0 の導入支援ツール

マット・コーエン (Matt Cohen) とのインタビューで、PTC University がユーザーのトレーニングのために存在すること、LearningExchange は PTC の開発者とさまざまなエキスパートによるハウツーおよびその他の動画が掲載された Web サイトであることがわかりました。中でも特筆すべきは、LearningExchange の利用がまったく無料だという点です。これは、ひとえに PTC 製品に慣れ親んでもらうためです。そして現在、PTC University のスタッフは、Creo 1.0 の導入支援ツールを開発するために夜を徹して働いています。9 つのアプリ、複数のエクステンション、さまざまな導入手法、多数の新規ユーザーに対応するため、チームはしのぎを削っています。Creo 1.0 用に計画されている導入支援ツールの詳細を知るため、PTC University でポートフォリオと開発を担当しているバイス プレジデントの、かなりお疲れの様子のスペンサー・カッティング (Spencer Cutting) にお話を聞きました。

GH: Creo は、PTC における導入支援ツールの開発に影響を与えていますか?
カッティング: これはまさに考え方を 180 度変えるものといえます。私たちは、Creo のビジョンと戦略により、適切な人に適切なタイミングで適切な仕事のための適切なアプリを提供します。私たちは、従来は 3D 設計に触れなかった人々も含め、多様なアプリ ユーザーに対応する必要があります。それに加え、ユーザーがすぐさま生産的に作業できるよう手助けすることも必要です。それも、クラスルームでのトレーニングなどの従来の方法を用いずにです。そこで、導入支援ツールの開発と提供の方法を大幅に変革することを検討しています。

GH: 何が変わるのですか?
カッティング: さまざまなことが変わります。Creo 1.0 アプリの場合、各アプリが支援する役割別に導入支援ツールを提供したいという明確な希望があります。以前は、ほとんどのエンジニアが、3D CAD (そのほとんどはパラメトリック) のトレーニングを受けてから、個々の役割に必要なエクステンションに目を向けていました。今では、ユーザーは各自の役割と目下の作業に応じてアプリを選択します。たとえば、Creo View アプリの 1 つを使いたいというユーザーは、自分の役割と目下の作業に関する手助けがすぐさま欲しいと望むでしょう。このため、役割とアプリに最適な導入支援を提供するアプローチの開発を最優先事項として取り組んできました。その次に重要な取り組みは、Creo アプリの導入のために費やしてもよいと人々が考える時間に適した資料を提供することです。この作業もまたアプリごとに異なってきます。
Creo Sketch は、ほとんどまたはまったく導入支援ツールなしに習得する必要があるアプリといえますが、Creo Parametric の場合は、ユーザーの生産性を最大限に高め、製品開発を最適化するために、導入支援ツールの広範なライブラリとベスト プラクティス トレーニングが必要です。どのような導入支援ツールが必要かという議論もあります。アプリによっては、ライブのトレーニングが最適な方法である場合もあります。また、導入支援ツールを製品に直接組み込める場合もあります。さらには、導入支援ツールがまったく必要ない場合もあります。

GH: 選択可能なオプションとアプローチが数多く存在するようですね。
カッティング: そうです。実際、私たちは、自社ソリューションを用いてこの問題の解決に取り組んでいます。ほとんどのトレーニングは、ハウツー チュートリアルまたは演習がベースとなっており、タスク レベルの所要時間は通常 1 ~ 5 分です。中には、アプリ間で共通のものもあります。たとえば、ユーザー インタフェースの操作、ファイルの保存、ビューのパンなどがそうです。このため、それぞれをモジュール式コンポーネントと考えてください。アプリと役割に応じて、ユーザーのニーズに合わせてこれらのモジュールを編成することができます。
私たちは、PTC の Arbortext ソリューションを使用して、適切なアプリと役割に応じた導入支援ツールの取り込み、管理、編成を行っています。さらには、さまざまなトレーニング方法にも対応しています。たとえば、自習形式のオンライン トレーニング、製品に組み込まれたトレーニング、社内トレーニングなどがあります。

GH: では、さらに詳しくお伺いしますが、Creo 1.0 に関しては、どのようなものが無料で提供されるのですか?
カッティング: LearningExchange と LearningConnector を通じて、Creo 1.0 の導入に関する動画を 150 以上提供する予定です。これらの動画は、誰でも無料でご覧いただけます。Creo 1.0 の動画は、Creo Direct と Creo Parametric が中心となります。

GH: E ラーニング ライブラリを購入済みの人が Creo 1.0 に関して利用できるものには、どのようなものがありますか?
カッティング: 購入した E ラーニング ライブラリによって異なりますが、すべてのライブラリに、Creo 1.0 を反映した新しいコンテンツが収録されています。たとえば、Creo Parametric の E ラーニング ライブラリを購入した人は、Creo 1.0 に関してだけでも 50 日間分以上に相当するトレーニングを受けることができます。また、Creo Elements/Pro (旧 Pro/ENGINEER) の既存の資料へのアクセスも可能です。企業には、ライブラリの購入を検討されることをお勧めします。トレーニング クラスに出席することなく、効果的なトレーニングを必要に応じて非常にコスト効率的に提供できます。

GH: 講義形式のトレーニングについてはどうですか?
カッティング: Creo Parametric に関するすべてのクラスを更新し、新しいアプリのクラスを追加することになっています。ここでも、クラスには、バーチャル、PTC でのオンサイト、またはお客様のオフィスでのオンサイトという複数の形式があります。

GH: それでは、タイミングとローカライズ バージョンについてはどうですか?
カッティング: 2011 年 6 月の初期出荷後間もなく、更新されたコンテンツの大半を英語で提供する予定です。各国語のコンテンツは、その約 8 週間後のご提供となります。ここでインタビューは終わりです。スペンサーは、Creo 1.0 の導入支援ツール用コンテンツの作成作業に戻りたいと思っているのが明らかでしたし、私もそれを邪魔したくありませんでした。PTC University が Creo による生産性の向上にどう役立つのか、さらなる詳細については Creo の舞台裏に関する今後の記事をチェックしてください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo の舞台裏 、タグ: , , , , , , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>