買収による成長への投資

企業が成長し、拡大するために、別の企業を買収するという方法があります。買収は、さまざまな理由から行われます。その目標が顧客を「買う」ことである場合もあれば、製品やテクノロジを目的に企業を買う場合もあります。ここでは、企業が買収を行う理由と、買収後に企業の文化と社内プロセスを統合する際に直面する課題を詳しく見ていきます。

戦略的買収には数多くのタイプがあり、それぞれ異なる目標を持っています。多くの買収では、新しい顧客ベースの獲得が少なくとも目標の一部となっています。同業で地理的に異なる場所にある企業を買収することによって、企業は市場プレゼンス、ブランド認知度、市場での勢力を容易に取り込むことができます。また、買収側の企業が異なる市場セグメントでのプレゼンスを確立することに貢献できるような企業を買収するという戦略もあります。さらに、製造メーカーが別の企業を買収する理由として、工場や設備の利用率を改善することにより、利益率を高めるというものもあります。たとえば、能力の 60% で稼動している製造メーカーがあった場合、同類の小さな製造メーカーを買収して、設備の一部を残して獲得した施設を売却し、全体的な能力を高めたいと考えるかもしれません。これによって、その製造メーカーは新しい顧客を獲得しながら固定費を削減し、利益率を高めることができます。

多くの場合、買収側の企業は、同じインストール ベースの顧客が使用する補完的な製品を扱う企業を買収しようとします。戦略的買収が行われるまた別の理由は、新しいテクノロジの買収です。研究開発費が削減され、買収側の企業の市場投入期間が短縮されるため、これは優れた成長戦略であると言えます。買収の背景にある理由にかかわらず、こうした取り組みが企業の目標達成や成長に必要かどうかを判断するために、経営陣が製品、市場、地理、および競争の観点から毎年そうしたビジネス戦略を検討することは重要です。対象となる企業を選択したら、目標、関連する業界の傾向、買収を進める手法、買収を完了するためのタイムテーブルを含むプランを作成しなければなりません。さらに、企業は社内の担当チームを結成する必要があります。このチームは、エンジニアリグ、財務、営業、マーケティング、業務など、あらゆる主要な部門の代表者から構成されます。弁護士、会計士、投資金融業者、査定専門家など、外部の経験豊富なアドバイザーがプロセスの進行を支援してくれます。

買収プランでは、現在両方の企業で採用されているプロセスとテクノロジを統合する方法についても検討しなければなりません。IT の統合作業は、プロセス、アプリケーション、インフラストラクチャの 3 つのカテゴリに分類されます。プロセスの統合作業では、合併後の企業で使用される共通のビジネス プロセスや新しいビジネス プロセスを特定することが中心になります。これらのプロセス定義は、統合されたアプリケーション セットによってサポートされる必要があります。買収の結果、多くの製造メーカーで複数の CAD システムが存在する環境となっています。異なる CAD システム間に相互運用性がない場合、設計データの共有や設計コラボレーションの取り組みに影響が出ます。1 つの CAD システムに標準化することにより、合併後の企業は、コラボレーションの促進、設計再利用率の向上、IT コストの削減、ソフトウェア ライセンス費の削減、ハードウェア インフラストラクチャ コストの削減、PLM システムとの容易な統合、企業全体でのベスト プラクティスの共有という数々のメリットを得られます。CAD 統合を達成した製造メーカーでは、こうしたメリットすべてが組み合わさり、市場投入期間の短縮、コストの削減、品質の向上を実現できます。

「カルチャー ショック」の回避
企業が買収される理由の多くは、ブランド、コンピテンシー、物理的な資産を組み合わせたものですが、合併後の企業をうまく機能させるには、こうした貴重なリソースをサポートし維持する組織の主要な文化的基盤を特定して保持するために、何らかの手立てがとられたかどうかが重要です。ある見通しによれば、買収が失敗したケースの 85% は、文化的な問題に正しく対処できなかったことが原因だそうです。文化的な面での結束は、買収の最終的な成功と失敗を分ける重要な側面であり、優秀な人材をどこまで維持できるかに影響する要素でもあります。最も先を見越した統合戦略では、組織のベスト プラクティス、スキル、知識ベース、ルーチンといった見えにくいコア コンピテンシーの細かい要素も捉えています。企業同士が結びつくとき、従業員には変化がもたらされます。多くの場合、重複したポジションは廃止されます。合併した企業の従業員は、職を失うかもしれないという懸念以外にも、異なるやり方を学び、新しい製品や組織構造に慣れるという課題を課せられます。従業員の懸念を和らげ、学習プロセスを効率的にして、買収を成功に導くまでに避けられない数々の問題に対処していくことは、統合チームと買収する企業/買収される企業の経営幹部の責任です。

画像提供: Lexinatrix

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>