グローバル製品開発における課題の克服

多くの業界で、製品開発はグローバルな取り組みへと変化を遂げています。製品はますます細かい部品に分けられ、それぞれが世界中に広がる複数のセンターで製造されて、再び一箇所に集められて組み立てられ、テストが行われています。この変化は、激しい競争が繰り広げられる現在の市場において勝ち残るために、成長と革新を促進し続ける一貫性のある統一された業務を維持しなければならない製造メーカーの状況を大きく変えました。ほぼあらゆる業界における製品開発は今や、グローバルなコラボレーションによる活動となりました。地理的に分散したスキルの高いエンジニアリング グループが、コラボレーションによって製品開発を行っています。この傾向を押し進める要因としては、増大する競争上のプレッシャー、海外における優秀な人材の増加、進化したデジタル コラボレーションおよびコミュニケーション ツール、海外における新規成長市場の登場などが考えられます。

グローバルな製造メーカーは、協調のとれた製品開発戦略の実施を可能にするベスト プラクティスを作り上げ、取り入れていく必要があります。この戦略は、時間、言語の壁、世界の境界を越えるものでなければなりません。グローバル製品開発でうたわれているメリットには、リソース コストの削減によるエンジニアリング効率の向上、海外の技術知識の利用、製品の新規グローバル市場、アウトソースによる柔軟なリソース割り当てなどがあります。しかし一方で、既存のプロセスや手法を変えることにより、戦略的および戦術的問題が数多く生まれます。企業は、これらの問題を解決してからでないと、グローバル製品開発 (GPD) を適切に導入できません。ここで、これらの問題の一部について検討してみましょう。

知的財産 (IP)。
貴重な製品データ、設計、およびテクノロジが社外で共有されるようになると、IP の保護はさらに難しいものとなります。企業は、IP を容易に保護できるようにするために、製品とプロセスをモジュール構造で定義しなければなりません。

プロセス手法
企業は、作業を世界中のさまざまなセンターに割り当てるための手法を開発する必要があります。大きなタスクの一部を構成する作業に遠隔地が関与する場合、そのタスクを明確なステップに分割し、各センターが担当するステップを決定してから、必要なハンドオフ、レビュー、承認が可能になるようにプロセスを再構成する所定のプロセスが存在しなければなりません。

製品のモジュール化
サブシステム全体やコンポーネントが別の場所の設計チームにアウトソースされることは珍しくありません。モジュール式の製品アーキテクチャにより、こうした製品のグローバルな調整が促進されます。モジュール間で明確にインタフェースが定義されているため、別々に開発を行い、最終製品に統合することが可能になります。

データの整合性
グローバル組織におけるデータは、複数の、場合によっては地理的に分散した場所に配布する必要があります。各場所で独自のツールやデータベースを使用すると、データの利用、データへのアクセス、データの監査のすべてが大きな問題となります。グローバル組織全体でデータの整合性を維持するには、データ管理とファイル管理の両方に関するベスト プラクティスを確立する必要があります。さらに、1 つの設計システムまたはデータベースを親システムとして指定し、すべてのユーザーがソース データに変更を加えた場合にどのような影響があるかを理解する必要があります。

組織変更管理
GPD において最も困難な問題は、個人の役割、行動、そして個人に必要な新しいスキルに関するものです。GPD を機能させるために重要な役割を果たす個人には、慎重なプランニング、トレーニング、教育のすべてが必要です。

課題の克服
GPD に移行する場合は、時間、言語、文化、企業の枠を超えてチームおよび個人でコラボレーションするための新しい手法を取り入れ、これらの相違を最初から念頭に置く必要があります。製造メーカーは、GPD の 3 つの主要なコンポーネント、つまりプロセス、人材、テクノロジのすべてに対処する体系的なアプローチをとる必要があります。GPD で成功を収める鍵は、ツールとプロセスの両方における標準化にかかっているように思えます。コストの低い地域の設計チームは、米国やほかのコストの高い地域で使用されているハイエンドな設計ツールに関する同じレベルの知識がなく、こうしたツールを同じレベルで使用できないかもしれません。経営陣は、新製品を設計するための標準化された製品開発ツールと、標準化され文書化されたプロセスを確立できなければなりません。GPD への取り組みの当初からプロセスおよびツールを標準化することによって、コンプライアンスが促進され、効率的な手法を取り入れやすくなります。製品ライフサイクル管理 (PLM) システムは、製造メーカーが製品開発のための開かれた安全なデジタル環境を確立できるよう支援します。この環境では IP が保護され、分散した設計チームすべてが最新の設計データにアクセスできます。また、PLM システムにより、どのグループが作業を行っているのか、またはグループがどこにいるのかにかかわらず、製造メーカーは製品開発サイクルのあらゆる段階ですべてのプロセスとタスクを追跡できるようになります。さらに、エンジニアリングの変更を追跡および管理することによって、全員が変更の影響を把握できます。適切に標準化されたツールとプロセスを制定することにより、製造メーカーは GPD を正しく導入し、効率と成長率を高め、革新を推し進めることができます。貴社は GPD を採用していますか? 採用している場合、直面している問題はどのようなものですか?

 画像提供: fsse8info

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>