Mythbusting:Creo 1.0 に関する 6 つの間違った噂

Creo 1.0 の 6 月13日のリリースにアプローチすると、良い噂があることに気付きます。その噂は良すぎるかもしれません。Creo の機能の話になると、PTC の新しい設計ソフトウェア ファミリーに関する間違った噂が聞こえてきます。そこで、最もよく聞く 6 つの噂に対応することにします。

1 .Creo は現在の Pro/ENGINEERProductView、および CoCreate の名前を変更した製品にすぎない
正しいとも、間違いとも言えます。確かに Pro/ENGINEER、ProductView、および CoCreate を Creo Elements/Pro、Creo Elements/View、および Creo Elements/Directに名前を変更しましたが、それだけではありません。Creo 1.0 は設計ソフトウェア ファミリーの最新のリリースです。9 個の最新のアプリを導入しています。PTC の現在の製品の最良のテクノロジを活用しています。非常に多くの機能を追加しています。ユーザー エクスペリエンスに一貫性があります。各アプリがシームレスに連動するように設計されています。古いテクノロジの名前を変更しただけではありません。製品設計に関するまったく新しいアイデアを採用しています。

2.Creo にはWindchill が必要
間違いです。特に現在は、間違いです。Creo には Windchill の展開は必要ありません。チームが、Creo 2.0 以降に計画されている AnyBOM Assembly テクノロジを利用する場合は、Windchill がこれらの機能をサポートすることが必要になります。

3.Creo 1.0 はあまりにも初期のリリースなので採用しないほうがよい
「時期を待つ」という観点は理解できます。私たちの中にも、まだこっそり HD DVD プレーヤーを使用している者がいます。さらに、最初のリリースは悪名が高く、バグが多いことがあります。Creo 1.0 を差別化できるのは、これまでの実績に匹敵する別の製品がないという点です。Creo は、しばらくは買い控えが続く Blu-Ray とは違います。信頼性について、Creo は 9 個の最新のアプリで構成されていますが、各アプリには、十分にテストされて広く普及している PTC 製品の最良のテクノロジが活用されています。まずは実際にご覧になってください。とても喜んでいただけるでしょう。

4.Pro/ENGINEER の一部だったモジュールは現在、スタンドアロンの個別のアプリになっている
間違いです。Creo Parametric のユーザーが必要性もなしに現在の環境を離れることは望んでいません。以前に Pro/ENGINEER 内でモジュールだったどの個別のアプリも Creo Parametric 内で直接動作できます。その 1 例は Creo Simulate です。その機能は Creo Parametric 内でも使用できます。実際、Creo Parametric 内からはもっと多くの機能を実行できるようになっています。

5.Creo Elements/Direct は Creo 1.0 の Creo Direct に相当する
まったく間違いです。Creo Elements/Direct と Creo Direct は異なるユース ケースを対象とする異なる製品です。

  • Creo Elements/Direct は市販されている総合的なダイレクト モデリング ソリューションです。中核の製品開発ツール として、5,000 社を超える企業で使用されています。Creo Elements/Direct を使用して、企業ではアートから部品まで完全な製品を開発しています。最良なダイレクト モデリング環境を実現するために、今後も新しいリリースへの投資と開発を継続していきます。
  • Creo Direct は、3D CAD エキスパートやエンジニアでない人向けのダイレクト モデリング アプリです。この初期リリースに含まれる Creo Direct は、Creo Elements/Direct の機能の一部を提供するにすぎません。したがって、Creo Elements/Direct をご利用のお客様は、Creo に移行するかどうか、いつ移行するのがよいかをご判断いただく必要があります。

両方の製品は、ダイレクト モデリングに関連するテクノロジの多くを活用していますが、異なるユーザー層を対象に開発が続けられています。

6. Creo Elements/Direct は Creo で唯一のダイレクト モデリング テクノロジだ
これも間違いです。Creo 1.0 には、3D での作業モードが 2 つ用意されています。ダイレクト モデリングとパラメトリック モデリングです。パラメトリック モデリングは、Creo Parametric アプリでのみ使用できます。ダイレクト モデリングは、さまざまなニーズに対応するために、多くの方法で使用できます。

  • Creo Parametric 用の拡張があります。Creo Flexible Modeling Extension (FMX) と呼ばれています。この拡張は、同じ環境にいながら、ダイレクト モデリングに似た方法でモデルを編集することを望む Creo Parametric のユーザーに理想的です。それにより、ユーザーはパラメトリック モデルを直接編集できますが、シンプルさと柔軟性は Creo Direct からのものです。
  • Creo Direct は、3D CAD エキスパートやエンジニアでない人向けのダイレクト モデリング アプリです。モデルの作成と編集をサポートしています。
  • Creo Elements/Direct は総合的なダイレクト モデリング ソリューションです。中核の製品開発ツールとして機能します。アートから部品まであらゆる製品の開発時に、ダイレクト モデリング アプローチを使用して、エンジニアリング チームを支援します。

画像提供: andercismo

この投稿の“カテゴリー”: Creo 1.0 の特長 、タグ: , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>