Creo のお客様事例: Sony Ericsson は Creo で製品設計を統合

Sony Ericsson では、Creo で製品設計を標準化することになりました。今年これら多数の喜ばしい発表が続くことを期待しています。

Sony Ericsson の設計哲学と構造についてお話しましょう。なぜ Sony Ericsson がこの先駆的な選択を行ったかもお話しましょう。Sony Ericsson はモバイル マルチメディア機器のグローバル プロバイダです。たとえば、スマートフォン、PC カード、付属品を供給しています。自社製品には、モバイル イメージング、音楽、コミュニケーション、エンターテイメントなどのアプリを組み合わせます。そのため、エンド ユーザーはコミュニケーションと娯楽の提供元として Sony Ericsson に注目しています。モバイル プロバイダーは確実なビジネス チャンスの提供元として Sony Ericsson に注目しています。

哲学
Sony Ericsson の Web サイトを開くと、この組織が設計を重視していることがわかります。sonyericsson.com によると、「設計は統合されて、プロセスの各ステップで使用されます。たとえば、インテリジェントな機能、ユーザー フレンドリなアプリケーション、革新的な素材、魅力的な外観にかかわるステップで使用されます。良い設計には、感覚を総動員する必要があります。たとえば Web サイトの場合、ユーザビリティには、左脳アプローチを使用します。感情への革新的かつ探究心をくすぐるアピールには、右脳アプローチを使用します」 要するに、この企業は、設計がお客様の気持ちを動かすと信じています。

構造
Sony Ericsson の各機器を支えているのは、グローバル企業です。企業運営機能をロンドンに、製品開発機能を中国、日本、スウェーデン、シリコンバレー、カリフォルニアに、製造機能を中国に、セールス/マーケティング機能を世界中に配置しています。この企業はモバイル関連の主要なグローバル企業と連携して、お客様に幅広い携帯電話機とアプリを提供しています。このように、Sony Ericsson の戦略と構造は多様化していく可能性があります。多くの場合、これは良いことです。しかし、CAD システムについては、必ずしも良いことであるとは限りません。Sony Ericsson の UX Creative Design Center では、そのサイトにまたがって複数の CAD ツールで作業していました。たとえば、中国と日本では、設計者は Pro/ENGINEER で作業していました。スウェーデンと米国では、社内システムは Siemens UG NX でした。そのため、Sony Ericsson は、機械的および電子的な設計について、自社のグローバル プラットフォームを標準化するアイデアをいろいろと試しました。そのベンチマークの後、チームは機械的な設計用途に、PTC と Creo を選択しました。

設計の合理化
PTC のエレクトロニクス & ハイテク部門責任者 マーテン・ガスタフソン (Mårten Gustafsson) 氏は話します。特に家電業界は、競争が激しく複雑です。そのような厳しい状況のため、企業では、プロダクトデータの活用、管理、コラボレーションの合理化に迫られています」 Sony Ericsson の UX Creative Design Center はこの課題に取り組んでいます。Creo は現在、エンタープライズに組み込まれ、モバイル コミュニケーションとエンターテイメントの将来が実現されています。工業デザイナは、ヒューマン インタフェース設計者、色および材料設計者、グラフィック デザイナと連携しています。PTC はこの企業との関係が続くこと、製品設計への Creo の使用が広がっていくことを期待しています。

画像提供: louisvolant

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>