Creo のお客様事例 : 軍用ヘリコプターの修理活用される Creo。(英語版)

"Huey" utility helicopter being winched into a C-5B transporter aircraft

軍用ヘリコプターは、アクション映画の中で、空中でのシーンには欠かせません。
よく見るシーンと言えは、ヘリコプターが追跡中に高層ビルの間をすり抜けたり、敵地で急降下して軍隊を派遣、救援したりする場面ではないでしょうか。時には、地上からの猛砲撃にさらされるシーンもあります。

しかし、あまり見かけないシーンは、傍らにノート PC を置いて、ボロボロになったヘリコプタを修理しているところ。例えば、後で紹介するトロイ・モーザー (Troy Moser) 氏のような人物が登場するシーンです。

実際、軍用ヘリコプターは軍隊や作戦指令陣を輸送したり、補給品を送り届けたり、医療救助を実施したり、その他多くの目的を果たします。もちろん、その途中で何らかの損害を受けることがあります。そのような場合、製造メーカーへのヘリコプターの輸送が現実的でないためで、現場で修理・修復を行います。

ロイ・モーザー氏はそのような戦場チームのプロジェクト エンジニアです。軍用ヘリコプターの修理では、現場での元の設計データの操作、ECO の記録と推進、改訂された設計データの収集を行うことになります。そこで登場するのが、ノート PC と Creo です。人気超大作映画のシーンではほとんど見ることのないのは、現場の修理チームの作業について、モーザー氏のお話は、皆さんも興味を持っていただけるでしょう。英語版ではありますが、以下のビデオではモーザー氏と彼の任務の詳細をご覧いただけます。さらに、彼のノート PC 上で動作する Creo がアフガニスタンとイラクでのヘリコプターの修復とアップグレードにどのように役立っているかについても、詳細をご覧いただけます。

画像提供: U.S. Air Force、Lance Cheung

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>