製品設計におけるイノベーションの促進。

製造メーカーにとって、市場で最終的にヒットする新製品の設計と構築には、イノベーションが重要な成功要因であることは間違いないでしょう。イノベーションはまた、景気の重要な推進要因としても考えられます。例えば、イノベーションによって新しい製品カテゴリが出現したり、生産性の向上が可能となる場合です。しかし、新製品開発 (英語 Web サイトへ) において、イノベーションを構成するものは何でしょうか。製品開発チームは本当に製品のイノベーションを約束できますか。それとも、ほとんどの新製品は、単に既存製品の改良版になっていませんか。

多くの製造メーカーでは通常、研究開発でイノベーションは始まります。研究開発にて生まれたアイデアは、経営陣から「承認」を取得する必要があります。経営陣は、製品開発チームがどのアイデアを追求するべきかを決定し、優先順位を付ける必要があります。経営陣は、革新的な製品開発の方向性に重点を置く必要があり、その機会を評価する基準を特定しなくてはなりません。
また、それらの基準を満たす機会を追求するためのリソースを判断する必要もあります。

多くの企業が「その製品は未対応の顧客ニーズを妥当な価格で満たすのか」というところから、イノベーション プロセスを開始します。それに対して、どのイノベーションが市場にとって魅力があるのかを特定できます。また、製品が、自社の現在のテクノロジ、ブランド、製造プロセスに合っているかを確認しなくてはなりません。

オープン イノベーション プロセスを採用する

大企業は、ステージ ゲートを通じて、新しい開発プロジェクトに集中する傾向があります。しかしそれは、プロセスにおける創造性を阻害する結果になることも多々あります。アイデアを生む新しい方法は、「オープン イノベーション (英語 Web サイトへ)」です。この用語は、カリフォルニア大学バークレイ校ヘンリー・チェスブラウ (Henry Chesbrough) 教授によって造られた用語です。

オープン イノベーションは、社内のイノベーションの促進に活用される知識の流入と流出について言及しています。オープン イノベーションを支える中心的な考えは、「知識が広く分散された環境では、企業が完全に自社の調査に頼ることができないので、社内外の両方からアイデアを求める戦略を立てる」というものです。これには、他社からのプロセスや発明 (たとえば特許) の購入、またはライセンス取得を意味する場合があります。オープン イノベーションは、したがって、従来の研究開発部門のやり方とは相反するものです。多くの革新的な製品開発プログラムが失敗に終わる原因は、エンジニアリングの取り組みによる結果でなはく、組織的な不備のために起こります。組織的な見地から見ると、企業は、イノベーション戦略に責任を持つ強力な上級担当者をスポンサーとして立てる必要があります。さらに、アイデアを製品化候補のパイプラインへと発展させるために、一連のツール、プロセス、手法、トレーニングを整備する必要があります。さらに、製造メーカーでは、不適切なアイデアを排除して、適切なアイデアに絞り込むための、一定の選択基準とフィルター条件を設定しなくてはなりません。イノベーション プロセスを開始することにより、企業では、内部と外部のリソースを使用して、よりすばやく新製品のアイデアを生み出したり、業界全体の動向をより迅速に識別できるようになります。加えて、企業成長のためのビジネス戦略として、イノベーションとアイデア管理としてとらえるようにすることが必要です。

Not Invented Here  (NIH) 症候群」を回避する

チェスブラウ教授のオープン イノベーションの概念に基づいて広がったのが、「Not Invented Here  (ここで発明したものではない)」症候群です。この用語は、外部から発祥したという理由で、既存の製品、研究、または知識を利用および購入しない企業やその慣習・文化を説明するために使用されます。それでは、社内で開発されなかったという理由だけで、可能性のあるソリューション (または新製品のアイデア) を否定してしまうことになります。NIH の考え方の普及に伴い、再発明の推進力が急増してきました。しかしそれは、時間、コスト、そして機会の損失につながります。現実には多くの組織で、既存のアイデアや概念を取り込み、新しい方法でそれを適用・改良することにより、ヒットする新製品を生み出してきました。真のイノベーションを受け入れることのできるリーダーとは、社内外から最良のアイデアを探し求めるものです。グローバル化や広範囲にわたる革新的なアイデアを意識しつつ、NIH 症候群を考え直す必要があるでしょう。上層部経営陣は、パートナー間の協力の促進とイノベーションの育成のために、このような企業文化への変革に取り組むべきです。

「優秀な人が全員、あなたのために働くとは限らない」とチェスブラウ教授は言います。「外部での発見の活用により、企業はすばらしい結果をもたらすことができます」。

お客様が意見を持てるようにする

何百、何千、何百万ものお客様が毎日、皆さんの企業の製品を使用しています。お客様を適切に位置付けることにより、将来の製品に対する機能の強化などを提案してもらえます。多くの製造メーカーでは、将来の製品の開発において、お客様が意見を出せるようにしています。イノベーション プロセスに適切にお客様のフィードバックを組み入れるには、課題の提案をお客様に促すような質問をすることが鍵です。それにより、非実現的なアイデアや提案ではない、現実的なソリューションが生まれる可能性があります。ソーシャル メディア サイトにより、組織では、これまでより簡単に、公な意見交換の場を設けることができます。その場所を通じて、お客様は意見、不満、現在と将来の製品に関する質問を共有できます。製品に関するお客様のフィードバックを得て、それらを統合することは、企業にとって製品のイノベーション戦略の不可欠な部分でしょう。お客様の意見を設計プロセスに統合することにより、やり直しに費やされる開発時間を短くできます。お客様の声が設計全体に統合されるため、製品についてお客様の購買率や満足度が高まるのです。

画像提供: faith goble

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>