Creo のお客様事例: Exmark 社は製品ラインの冗長性を削減

真夏の芝刈りは大変です。私は持っている芝刈り機が古くさくなっていることに気付きました。まず、エンジンを始動するために、手動でコードを引っ張る必要があります。そのため、いつも油が滴ります。また、置き場所もありません。そこで、Creo のお客様の Lazer Z 草刈り機を検討してみました。特に興味を引かれたのが Pioneer です。空気キャスター車輪、コイルバネ式サスペンションを備えています。重心が低いため、牽引性に優れています。1 時間で約 30 エーカーを刈ることができ、それでも腕は疲れません。しかし、ここでの話題は設計ソフトウェアです。Lazer Z Pioneer は、Exmark 社が製造しています。エネルギー効率の良い芝刈り機の最新のラインを含む、約 40 あるモデルの 1 つです。

この企業は Creo Parametric を使用して機器を設計しています。最近まで、Exmark 社は各製品ファミリーを別々に生産していました。「当社の製品ラインは 10 年以上に及ぶ開発を経ていますが、同じ目的を持つ似たような部品が一から再設計されていることもありました」と Exmark 社のシニア エンジニアリング マネージャのスティーブ・フィンクナー (Steve Finkner) 氏は話します。そのすべては変わりました。製品ライン全体を再設計して、すべての草刈り機が 1 つのアセンブリ モデルに基づくようにしたのです。ここで、Creo Parametric の登場になります。Exmark 社は現在、1 つのパラメトリック モデルからそのモデルを作成しています。異種のモデル間で共通するすべての部品とアセンブリが、基礎となるアセンブリに “統合されています”。そのため、他のあらゆることも効率化されています。現在、共通の部品が変更されると、その変更はすべての新しいモデルにすばやく反映されます。このプロセスが改善されたことですべての設計に共通する部品の数が 3 倍以上になり、Exmark 社のチームの生産性は向上しました。その結果、設計時間は半分になり、より多くのモデルをより短期間に市場に投入できるようになりました。Exmark Manufacturing 社の Lazer Z 芝刈り機について、The Product Design Show のこちらのエピソードをご覧ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>