Creo のお客様事例: IHI スター社、日本の 170 万の小規模農家向けに設計

日本の農業には数々の困難な課題があります。いえ、それは設計のチャンスと言うべきでしょう。耕作可能な土地は国土の 15% に過ぎず、個々の農家は小規模で、中には 1 エーカー (約 4,000 平米) か 2 エーカー (約 8,000 平米) という農家もあります。

  • 生産物は多岐にわたり、米や小麦、野菜や果物、お茶などあれこれを小さな農地で栽培しています。
  • 食習慣の変化によって肉の需要が増え、日本の伝統的な主要生産物を圧倒しています。
  • 農業従事者の高齢化が進んでおり、その大半を占める 60 歳以上の中高齢者がほとんどの農地を耕作しています。

ここで、設計がどのように手助けできるでしょうか。Creo をご利用のお客様、IHI スター社によると、同社では、複数の特化機能を備えた農機を製作することでこの状況に対応しているといいます。「当社が扱っている市場には可変要素があまりに多く存在するので、複合機を多機種少台数製造するようになりました」。IHI Star 社のお客様は、干し草を大小さまざまなサイズの四角または円柱の俵にする、肥料を正確に散布する、トラクターの正面または側面からトウモロコシを収穫する、といった作業を行うために、個々人または各農家に適した規模の機械を購入することができます。実際、IHI スター社では数十機種を製造していますが、そのほとんどは小規模農家向けです。IHI スター社では、これらのさまざまな設計すべての開発に、Creo のダイレクト モデリング アプローチを使用しています。設計の作成と共有や、最終段階での変更対応が容易であることがその理由です。IHI スター社によれば、3D を使用すると、2D のみを使用した場合よりも、アイデアの伝達や知識の共有が容易だということです。新製品の開発期間が短縮されるため、ツールが時代遅れになる心配がありません。「近いうちに誰もが 3D CAD に切り替えるだろうと思いました」と、IHI スター社の開発部部長の高山英之氏は話します。「また、2D CAD 自体の大きな機能強化はもうないだろうとも考えました」。同社は、Creo のダイレクト モデリング アプローチを使用した初めてのプロジェクトを予算の 60% で完了するなど、このアプローチによってすばらしい成果を上げています。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>