概念設計で使用するツール。

設計者は、新製品開発の概念設計段階でに正しいツールが用意されていると、まず、問題について広範に考えことができます。次に、多くのアイデアをすばやくビジュアル化し、検討し、調査して、十分に評価できます。最終的には、より良い製品につながる複数の概念設計を作成できます。

これらのツールは直感的であることが必要です。また、設計チームの他のメンバーと共有および評価できる、写実的なモデルをすばやく作成できることも必要です。さらに、柔軟であることも必要です。設計が流動的で頻繁に変更される場合でも、設計入力に基づいて、設計を反復利用でき、すばやく再作成できることが求められるためです。

多くの場合、このようにツールに関する要件は多数で詳細になります (さらに詳細なエンジニアリング設計に使用される、エンジニアの CAD ソフトウェアの要件とは大きく異なります)。そのため、製造メーカーは結局、複数のベンダーの概念設計ツールを無数に使用することになり、後工程で使用されるアプリケーションとの統合がほとんど不可能になります。その結果、エンジニアの CAD プログラムでのこれらの概念モデルの再作成が必要になることが頻繁にあります。通常、このプロセスで設計意図が失われます。

複数のツールの使用により、下流工程での問題が拡大

「概念設計のトレンド」というテーマで PTC が実施した最近の調査で、参加者の大半 (51%) は「設計概念とアイデアを電子的に 3D データの形で取り込む」と回答しました。それでは、どのようなソフトウェア ツールが設計のこの検討フェーズ中に使用されているのでしょうか。

PTC によるアンケートでは、参加者の大半 (61%) は「3D CAD モデリングおよびサーフェス ツールを使用して、考えられる多くの製品設計をすばやく作成する」と回答しました。アンケート結果によると、製造メーカーは、開発のこのフェーズ中に多くのさまざまなツールを使用しています。複数のベンダーの複数のツールを使用すると、大抵、概念設計のプロセスが複雑になり、概念モデルを詳細設計に移行するとき、問題が下流工程で発生します。

PTC によるアンケートによると、「新製品開発の概念フェーズ中に複数のソフトウェア ベンダーのツールを使用する」と回答した参加者は、非互換性のために、データを再作成する必要のある可能性が 3 ~ 7 倍高くなっていました。つまり、2 つのベンダーの設計ツールを使用する企業は、1 つのベンダーの設計ツールを使用する企業と比べると、設計サイクル内の後でデータを再作成する必要のある可能性が 3 倍高くなっていました。5 つのさまざまなベンダーのツールを使用する企業は、1 つのベンダーのツールのみを購入する企業より、データを再作成する必要のある可能性が 7 倍高くなっていました。

これらの問題を避ける 1 つの方法は、概念から、詳細設計、製造に至るまで、設計のすべてのフェーズを処理できる一連の設計ツールを選択することです。これらのツールには、双方向の相互運用性があるため、このコミュニケーション ミスによるリスクの軽減が可能になります。また、エンジニアが設計者の概念モデルを解釈しなおしたり、作成しなおすニーズを排除できます。さらに、設計意図を保護し、設計データの再利用が容易になります。その結果、概念モデルが承認されたら、機械工学エンジニアが最初からやり直すことはなくなります。

設計ツールの 1 つのスイートで標準化することにより、ブレインストーミング、アイデアの検討と管理、製品概念の開発を単一の環境内で、より簡単に行えるようになります。同じソフトウェア プラットフォームにこれらのすべての活動を統合することにより、製品の概念データは、1 つの分野横断型のデータ リポジトリで管理されるようになります。チーム メンバーは安全な方法で適時に情報にアクセスできるようになります。さらに、顧客は (直感的なモデリング ツールの使用を通じて) コラボレーションを行い、概念が最終的に自社の要件を確実に満たすように、フィードバックを行うことができます。

概念設計ツールと MCAD ツールに相互運用性があると、設計者の成果物 (スケッチ、図面、3D 概念モデル) をエンジニアの CAD ソフトウェアでシームレスに扱うことができます。それにより、3D デジタル モデルまたは仮想プロトタイプにモデルをさらに絞り込めるようになります。そのモデルは最終的に設計、テスト、ビルドに使用できます。画像提供: Powerhouse Museum

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>