工業デザイナーによると、「消費者の高いブランド ロイヤリティが、自身の自尊心を高める」。

工業デザイナーのランス・ハッセー (Lance Hussey) 氏によると、消費者は製品に対して好感触を得ると、そのブランドに対する信頼度を高めると言っています。これは製品だけでなく消費者自身にも当てはまることです。

「本当に重要なのは購入した後です。製品を家に持ち帰って恋人に見せ、”いい買い物をしたね” といった反応が得られれば、自尊心が高まり、ブランド ロイヤリティが生まれることとなります」と、ハッセー氏は付け加えます。工業デザイナーは、自身の仕事に対してそのような反応がより得られるような手順を取るべきである、と彼は話します。

たとえば RKS 社 (RKS 社の英語サイト) の設計者は、調査結果とビジネス戦略をその工業デザインに統合するプロセスを採用しています。「鍵となるのは、人を本当に理解すること、人にとって何が重要であるかを理解すること、ターゲット領域におけるブランドを理解すること、特別な審美的なアプローチを自社のあらゆる製品に対応付けることです」。 RKS 社の詳しいプロセスについては、書籍「Predictable Magic」(RKS 社 CEO のディーパ・プラハラッド <Deepa Prahalad>著) に書かれているので、ぜひ参考にしてください。一連のクライアントの獲得に加えて、RKS 社のプロセスは、IDEAGood DesignSpark (それぞれ英語サイトへリンク)、その他多数の賞を受賞しています。

オンライン セミナーの中で、ハッセー氏は RKS 社が設計した製品を紹介しました。たとえば、人気の Zyliss 社のサラダ スピナー、JBL 社Alpine 社のオーディオ機器、Neuma 社の革新的なタトゥー マシンなどです。多くの企業は、RKS 社に製品の完全な設計を依頼しています。一方、LG 社のような一部の企業は、RKS 社に調査とアイデアのみを依頼して、開発は社内で行っています。今後の記事では、Creo のダイレクト モデリング手法が RKS 社のプロセスに適応することについて、ハッセー氏の発言を取り上げていきたいと思います。画像提供: ChristopherArnold

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>