CAD 市場の新たな成長と拡大。

Jon Peddie Research (JPR) (英語サイトへ) 社が実施した調査の結果をまとめた 2012 年 CAD 報告書 (英語サイトへ) によると、世界の CAD 市場でようやく明るい兆しが見えてきました。数年続いた不景気を乗り越えた CAD 市場は、活気を呈し、今、新しい方向へ拡大しつつある、とこの報告書では述べています。CAD 市場の成長に影響を及ぼしている重要なトレンドのいくつかをご紹介します。

成長が再開:

2008 ~ 2009 年は不景気で市場が停滞していましたが、どうやら今、特にアジア、インド、中南米、アフリカ、中東において市場が活気を取り戻しつつあるようです。

引き続き残る不確実性:

JPR 社では、短期的には、米国とヨーロッパの景気の先行きが不透明なために回復が阻まれ、いくつかの市場は成長が停滞すると予測しています。中でも、AEC (建築、設計、建設) 市場が最も大きな影響を受けると見られています。

新しいプラットフォームと流通モデルが市場を後押し

クラウド コンピューティング、アプリ、タブレットが新しい機会をもたらしています。CAD ベンダーにとっては、コンシューマー向けアプリを大量に低コストで提供するチャンスであるだけでなく、価値の高い購読ユーザーにハイレベルなサービスをこれまでになかった方法で提供することが可能になります。

無駄をそぎ落とした企業がツールの一新に乗り出す

数年間にわたる不景気を経て無駄をそぎ落とし効率化を図ってきた企業は、再建プロセスを開始するにあたって、経営効率向上のための業務改革の方法を検討するはずです。2012 年 CAD 報告書によると、CAD 市場は 2010 年の 60 億ドルから 2011 年には推定 70 億ドルに成長しました。これは 2D CAD と 3D CAD の両方を対象としています。また、3D CAD の利用は増えたものの、2010 年の CAD の売上は、3D ツールの販売によるものが 60%、2D ツールによるものが 40% でした。市場に新規参入した企業数社は、2D CADに特に力を入れていると報告されています。2010 年には、2D CAD ツールの市場全体で 20 億ドルでした。ただし、2008 ~ 2009 年に CAD 市場に甚大な影響を与えた不景気からは、3D CAD 市場の方が早く回復しています。2010 年には CAD 市場に着実な回復が見られたものの、2011 年には現在の景気動向を受けて回復が鈍化した、と報告書は述べています。

アジア市場と新興市場は、欧米市場よりも速いペースで成長しています。南北アメリカでの成長は、中南米、特にブラジルおよびその他の中南米諸国 (チリ、ペルー、コロンビアなど) がけん引力となると見られます。この変化は急速に進んでいます。今後について、報告書は、CAD ソフトウェア市場の成長は、米国とヨーロッパの経済問題が響いて 2013 年を通じて鈍化すると予測しています。しかし、中国やインドなどの新興市場は今後も成長が続くと見られます。

JPR 社では、2013 年以降、CAD 市場全体で成長が勢いを増すと予測しています。さまざまな CAD 市場の中でも製造分野は、新興市場の勢いと製造企業の効率回復努力に後押しされて、比較的早い時期に成長に転じるでしょう。EuroStat (欧州委員会統計局) (英語サイトへ) のデータは、製造業界は好調で、実際、ヨーロッパでは米国ほど急激な落ち込みはなかったことを示しています。そのほかにも、クラウド コンピューティング プラットフォームの増加やタブレット コンピューティングの成長などのトレンドが収益の道を拓き、市場に良い影響を及ぼすと予想されます。

この報告書には、タブレットに移植された CAD 関連ソフトウェアのリストが含まれており、そうしたアプリの数はますます増えていくとの予測が示されています。2012 ~ 2016 年の CAD 業界の予測も示された、この 80 ページの 2012 年 CAD 報告書は、英語版ですが、JPR の Web サイトから購入できます。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>