設計の最終段階における変更への対応。

設計サイクルのどの段階でも設計変更に対応することは、製造メーカーにとって避けられない現実です。市場調査、顧客要件、エンジニアリング方法論に基づいて、合意の取れた明確な設計仕様を定義することで、設計変更の必要性を生む数多くのエラーを回避できますが、どんなに念入りに検討された確実性の高い設計でも、設計サイクル中にさまざまな理由で変更が必要になる場合があります。

1 つ、確かなことがあります。モデルへの変更は、設計サイクルの後期になればなるほど、コストが高くつき、影響も大きくなります。製品が市場に出た後の変更はさらに影響が大きく、コストのかかる製品リコール、消費者訴訟、顧客の信頼の喪失につながりかねません。消費者の信頼を失う代償を数値化するのは困難ですが、やはり同じくらいに甚大でしょう。変更のコストは一様には数値化できませんが、おおざっぱには、設計プロセスの段階ごとに設計変更のコストは 10 倍に増えると考えられます。したがって、初期コンセプトの段階での変更のコストが 10 ドルの場合、製造段階に達するまでには、同じ変更に 10 万ドルのコストがかかるようになります。

製造メーカーであれば、このことはよくご存じではありと思いますが、やはり間違えは起きるものです。ですから、設計サイクルの後期での変更に対処するのに最善なのはどのような方法か、ということを考える必要があるです。

なぜ今なのか?

それは、最終段階で設計変更が必要になった場合に、よく問われる質問です。変化する顧客のニーズに対応するために変更が必要になる場合もあります。また、個々の工場の製造能力を踏まえて変更が必要になる場合もあります。材料を入手できない、特定のコンポーネントの入手が困難、ベンダー側で変更があった、といった理由から、材料や製造手法が変更されて、変更が必要になることもあります。多くの場合、こうした変更は、組織内のプロセス間に断絶があり、製品要件や製造上の設計パラメータの変更が設計チームのメンバーに伝達されなかったことが原因で発生します。設計チームは設計に集中しなければならない一方で、上流と下流工程のチームは製品要件データを絶えず設計者に提供する必要があります。変更が必要になった場合は、チーム メンバー全員がオープンに話し合い、適切なソリューションの見つけ方を共に見つけることが重要です。設計の変更は、大抵、下流のプロセスに影響を及ぼすため、エンジニアと設計者は、変更がスケジュールとコスト見積もりにどう影響するかを現実的に考え、その変更の影響を受ける担当者と連絡を取り合う必要があります。

柔軟性

設計仕様の詳細な記述により、一部の設計変更を回避することができますが、それは柔軟性の低下を招き、変更が必要な場合に適切に対応できない状況を生む可能性があります。企業は、開発と市場投入のサイクルに沿って、製品のコンセプト、プロトタイプ、機能をテストできるように、顧客との連続的な接点を設ける必要があります。調査によると、それを行った場合、設計サイクルの早い段階で開発された設計仕様に厳密に従う従来のゲート方式の設計アプローチと比較して、サイクル時間が最大 30 パーセント短縮され、開発コストも最大 40 パーセント削減されます。しかし、こうした無駄のない設計方法論も、プロセスの初期段階では十分に力を発揮できません。無駄のない製品開発の効率性の高さは、要件のイテレーション、最適化、トレードオフを通じて優れた製品設計に到達するというよりは、ゲート方式のモデル同様、早い段階での要件の固定化に大きく依存しています。このため、このアプローチによるイノベーションでは、創造性を発揮するというよりは、現状の保持を基本とする傾向が生じ、後に市場で影響の大きな変更が発生しやすくなります。重要なのは、グローバル化の拡大によって、製造メーカー間の競争が熾烈化したことです。製品開発環境は、標準化された厳格なプロセスに従うには、あまりに不安定です。設計者とエンジニアは (設計チームのその他のメンバーも)、柔軟かつオープンでなければなりません。そして、プロセス全体を通じて必ずや生じる変更にいつでも対応し、問題をすばやく解決して、影響を最小限に抑えて製品開発の遅れを取り戻すことが必要なのです。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>