Creo のお客様事例: 設計のマジックを生み出す箱。

System Group 社の設計者の作業における取り組みに、皆さんも興味を持つかもしれません。
「製品にぴったりのサイズの箱を作成する方法を知っている機械」を設計しているのです。さまざまなサイズの商品を梱包して出荷している Amazon のような企業にとっては、理想的な発明品です。1970 年創業でイタリアに本拠を置く System Group 社は、当初は、セラミック タイルの装飾や、生産が終了したストレージ システムの自動化を行う機械の製造を専門としていました。しかしたちまち、ロジスティクス、エレクトロニクス、光発電技術、梱包といった業界分野における梱包プロセスの合理化で名を知られるようになったのです。そしてそれが 2012 年、製品が倉庫に到着する前に、製品を効率的に梱包する方法を考える機械へとつながっています。

Freebox™ は、さまざまなサイズの商品に合った箱の作成が関係する梱包の問題を解決します。(映画『夢のチョコレート工場』) のウィリー・ウォンカは、ウンパルンパたちに魔法を使わせなくても、延々と何時間でも自力で働き続けることができる Freebox をうらやましく思うに違いありません。基本的に、人が事前に製品 (小さな植木鉢から大型のコンピュータまで) のサイズ情報を入力しておくと、リビングルームほどの大きさがあるこの機械がその製品にぴったりのサイズの箱を吐き出してくれるというわけです。処分する段ボールが残らないため、System Group 社では、Freebox によって原材料を 40% 節約できるとしています。段ボールのゴミが出ない機械を製作することは、System Group 社における設計上の課題の 1 つにすぎません。同社は、膨大な研究開発費をかけないことも望んでいます。The Product Design Show の今回のエピソードでは、System Group 社がこれらをはじめとする設計上の課題を Creo Parametric でどのように克服したかを、アリソンとヴィンスがさらに詳しくご紹介します。英語ですが、ぜひ、ご覧ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>