Pro/ENGINEER ユーザー必見!設計の生産性を飛躍的に向上する方法とは。

Creo Parametric 2.0 がリリースされたのは、みなさん、もうご存じかもしれません。

この新リリースを一言で言い表すなら、それは「スピード」です。スピーディーな提供。スピーディーな構想設計。スピーディーなアセンブリ。スピーディーなアプリ。このブログでは、今後数カ月間にわたって、製品マネージャー、設計者、エンジニア、解析者、ツーリング デザイナーなど、さまざまな役割のお客様に Creo Parametric 2.0 が提供するあらゆるメリットについてご紹介します。

Creo 2.0 では、以前は 1 つの構想設計の作成にかかっていた時間で、複数の構想設計を作成することが可能になります。また、1 クリックで即座に 2 次元スケッチを 3 次元化できるため、さらに時間を節約できます。

ここでは、この最新リリースを待ちわびていた 1 人である Creo Parametric 製品管理ディレクターのポール・セイガー (Paul Sagar) が、彼自身にとってのこのリリースのハイライトをご紹介します。このソフトウェアの機能性、スピード、使いやすさをご覧になれば、現在ご利用のソフトウェアからアップグレードしたいと思うことでしょう。

大規模なアセンブリ、アノテーション、板金、スケッチなどの作業がスピーディーになり、以前のバージョンより設計の生産性が 2 倍に高まります。Creo Parametric 2.0 が提供する 2 つの新しいアプリ、数百項目の機能強化、過去のどのリリースよりも高い信頼性と安定性、優れた操作性とスピードは、皆さんにも喜んでいただけることと思います。しかし、よく言われるように、真実はご自身で試さなければわかりません。そこで、私たちの主張するとおりのことを Creo Parametric 2.0 が正確にどのように実現するのかを、今後数カ月間にわたってご紹介します。この製品は必須だと判断したら、次は、その入手をチームまたは経営幹部にどう説得すればよいのだろうかと思われるかもしれません。そんな時は、Creo Parametric 製品ページで、Creo Parametric に移行する理由についての製品マネージャによる説明をご覧ください。

Creo 2.0 について、実際の機能説明やデモも、6 月開催の「設計の生産性を加速する – Creo 2.0 ご紹介セミナー」でもご覧いただけます。大阪と東京で開催しますので、ぜひご参加ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo 1.0 の特長, Creo 2.0 の特長 、タグ: , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>