Creo 2.0 – 設計の生産性を倍増し、構想設計の向上とモジュール アセンブリを実現。(PTC Express 英語版記事のご紹介)

Creo 1.0 では、社内全体のより幅広い人々の貢献を可能にする 9 つの統合された専用ツールが提供されていました。Creo 2.0 ではさらに、Pro/ENGINEER ユーザーの設計の生産性を加速させるユーザー インタフェースの機能強化、構想設計のプロセスを大幅に改善するアプリ、モジュール製品アセンブリをサポートする新しい役割別アプリが提供されています。PTC Express 英語版記事では、これらのアプリや機能について、詳しく説明しています。英語版の記事ですが、ご興味があれば、ぜひこちらへ。

この投稿の“カテゴリー”: Creo 1.0 の特長, Creo 2.0 の特長 、タグ: , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>