Creo 2.0 で設計の生産性を向上。

PTC の Creo 製品管理担当バイス プレジデントのブライアン・トンプソン (Brian Thompson) が、Creo 2.0 の主な特長をご紹介します。新しいアプリ、エクステンション、Pro/ENGINEER Wildfire ユーザー向けの主要な新機能についての短いデモ (英語版) もご覧いただきます。 モジュール構想設計用の機能とより多くの構想設計を検討するための新しいツールが追加された Creo 2.0 は、チームの設計の生産性向上を支援します。Pro/ENGINEER Wildfire のユーザーは、Creo Parametric に移行することで、設計の生産性を最大で 2 倍に大幅に高めることができます。

Creo 2.0 を実際にご覧になるには、お近くで開催されるイベントを検索し、セミナーに参加いただくことも可能です。このページを開き、表示が英語の場合は、画面右上の言語設定を「日本」に変更してください。

また、6/12 大阪 & 6/27 東京にて、「設計の生産性を加速する – Creo 2.0 ご紹介セミナー」も開催します。大阪もまだお席がありますので、ぜひご参加ください。詳細は、こちら

この投稿の“カテゴリー”: Creo 2.0 の特長 、タグ: , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>