Creo Elements/Direct ユーザーのための Summer Meeting 開催のお知らせ!

Creo Elements/Direct (旧 CoCreate) の今後のロードマップと将来を見据えた活用方法とは。

最近、Creo 2.0 をご紹介するセミナーを大阪、東京にて開催しました。
このセミナーでは、特に Pro/ENGINEER を現在ご利用されているお客様に、Creo Parametric を含めた PTC の CAD ソフトウェア、Creo 2.0 の最新機能を、業務プロセスに則ったシナリオでご紹介しました。一方、Creo Elements/Direct (旧 CoCreate) を現在ご利用になられているお客様にとって、Creo 2.0 のご紹介だけではなく、Elements/Direct 製品についても、もっと知りたいと思う方もいらっしゃったかもしれません。

そのような Creo Elements/Direct ユーザーのお客様に製品をさらに有効活用していただくために、Creo Elements/Direct 18.1 の最新機能のご紹介やデモ、またユースケースを想定した製品の活用方法についてお話しする 「Creo Elements/Direct ユーザーのための Summer Meeting」を開催することとなりました。

Summer Meeting とは、旧 CoCreate の Spring Meeting と同等のミーティングとして位置付けており、初回は、Creo Elements/Direct と Creo プラットフォームとの関係など、Creo Elements/Direct のユーザー代表の方々や PTC の製品担当などとのディスカッションも交えながら、ご説明いたします。

お客様が普段から疑問に思っていること、そして最新バージョンの Creo Elements/Direct 18.1 やそれ以降のロードマップなど、当日は、いろいろな観点でディスカッションに参加していただくことができます。

7/20 東京7/31 大阪8/1 名古屋で開催予定です。ミーティングの詳細や参加登録については、こちらをご確認ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo とは, Creo のテクノロジ, Creo のメリット, Creo セミナー 、タグ: , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>