マルチ CAD の障壁: 異なる CAD システムを使用しているパートナーとの連携。

製品を設計および製造している組織は、3 次元 CAD ソフトウェアの使用方法を習得するために多大な時間とコスト、労力を費やしています。それは、市場投入時間の短縮や製品の品質向上、製品開発コストの削減など、収益上、大きな利点があるからです。しかし今日、実際には製品開発プロセスは分散し、サプライヤおよびパートナー チェーンは広い範囲に及び、すべての CAD データが同じシステムで作成されるとは限りません。実際、3 次元 CAD ファイルの 66% が優先フォーマット以外のフォーマットで配布されていると推定されています。

Aberdeen 社の調査「Working with Multi-CAD (マルチ CAD による作業)」(英語版資料) で、回答者の 82% が設計プロセスで 3 つ以上の CAD フォーマットを使用していると回答しています。マルチ CAD 環境の場合、企業間のコラボレーションは複雑化して人為的なミスや遅れの原因となりがちです。本来組織は、複数のフォーマットで作成された CAD データを受け入れるだけでなく、作業内容を失ったり再作成したりすることなくさまざまな CAD モデルをまとめる手法を習得しなければなりません。複数のオーサリング システムで作成されたファイルをパートナーおよびベンダー間で共有し、そのファイルを交換し、さらに修正することは、今日のコラボレーションによる製品開発プロセスでもっとも大きな課題の 1 つであり、ボトルネックとなっています。異なる CAD システム間で製品データを共有すると、手動でのモデルのやり直しによるミスが発生しやすくなり、納期が遅れてコストも増大します。

中間フォーマット

しばらくの間、この業界ではいわゆる中間フォーマットである IGES および STEP を採用して CAD データを交換していました。その場合、中間フォーマットを使用したことで変換時に情報が失われ、ユーザーが履歴ベースのパラメトリック モデリング ツールを使用して CAD モデルに重要情報を組み込むのに多くの時間がかかることが問題となります。ネイティブの 3 次元 CAD ファイルとは異なり、IGES および STEP ファイルでは、履歴ツリーの製品に関する詳細なデータ セットは保持されません。ネイティブ CAD ファイルは “ダンプ (dump)” と呼ばれている STEP ファイルまたは IGES ファイルに変換されると、重要情報が抜け落ち、サーフェス モデルしか保持されません。貴重な IP が保護されるという長所がある一方、短所として、受信側のパートナーまたはベンダーはそのモデルを使用できるようにするために大量のやり直しを行う必要があります。

Aberdeen 社の調査によると、中間フォーマットの使用は近年減っているということです。まだ行われているとはいえ、中間フォーマットの CAD ファイルの配布および受信はもはや一般的ではなく、企業の半分以上 (52%) が中間フォーマットで設計を配布しているとした 2006 年当時の調査と比べ、最新の調査ではそのようなクラス最高企業の回答は 38% に留まるという結果は隔世の感があります。

先進企業のベスト プラクティス

Aberdeen 社の調査によれば、先進企業の 69% が社内で 1 つの CAD アプリケーションによる標準化を図っているが、さまざまな CAD フォーマットでファイルを配布および受信する方法も習得しているという結果が出ています。これらの企業は、ビジュアリゼーション ファイルをパートナー、サプライヤ、顧客に送付しています。また、メーカーは、ファイルが破損していたり品質が低かったりすると、変換後のファイルの品質も低下するので、まずデータが良好かどうかを確認する必要があります。ほかに導入すべきベスト プラクティスとしては、すべての CAD システムを一括配置すること、再利用のためにレガシー データを検索すること、あらゆる CAD システム間で分散した場所にある設計データを同期させることなどが含まれます。これらのベスト プラクティスを推進するテクノロジには、ほかの CAD フォーマットのインポートに対応した CAD ツール、ビジュアリゼーション ツール、企業全体にわたってあらゆる種類の CAD データを管理できる 1 つに統合された PDM または PLM システムが挙げられます。

データ交換は非常に困難かつ複雑な課題の 1 つであり、設計サプライ チェーンが拡大し続け、設計にコラボレーション作業が増え続けるかぎり、メーカーが現在直面し、将来も直面しなければならない課題です。組織は、進化し続ける相互運用性ツールを見逃さないようにすることで、この課題を制することができます。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>