各仕事に最適な CAD ツールを見つける。

世界経済が数年にわたる不況から緩やかに回復しつつある中、自社開発の新製品は、企業の収益増大のために極めて重要となってきました。製造メーカーは、より革新的な製品をより迅速に設計することが、常に要求されています。その実現のため、多くの企業は、CAD ツールの有効活用によってエンジニアリングの生産性を高める方法を検討しています。

Aberdeen Group  (英語サイトへ) が最近実施した調査『Top CAD Tips for Designing Today’s Complex Products: What are the Right Tools for the Job (今日の複雑な製品を設計するための CAD に関するヒント: 各仕事に最適なツール)』では、そうしたエンジニアリングの生産性向上というニーズを受けて、多くの企業が、自社で使用している CAD ソリューションの評価 (または再評価) を行っていることが明らかになりました。

この調査は、適切な CAD ツールの利用によって設計効率が向上し、開発時間が平均で 14% 短縮することを実証しています。逆に、正当な理由なく、入念な評価も行わず、適切なサポートも提供せずに CAD を切り替えた場合、改善があったとしても、ごくわずかな改善にとどまりかねません。競争がグローバル化している今日の製造業界では、市場でチャンスをものにできる製品をリリースするには、迅速で対応力の高い設計プロセスが必要です。Aberdeen の調査によると、競合他社より先に製品を発売すると同時に、低コストで高性能な製品への需要にも応える必要性が、企業が設計プロセスを改善する最大の動機となっています。

課題は残っても、新しい CAD 機能が力に

調査によると、企業が直面する最大の課題は、頻繁な設計変更です。調査に参加した企業の 39% がこれを課題として挙げています。調査野中で、それに続く 2 つの課題として挙げられたのは、不十分なエンジニアリング リソース (29%) と製品の複雑さの増大 (25%) でした。この 2 つの問題が相まって、高い生産性を維持しながら、より複雑な設計作業を行わなければならないという大きなプレッシャーをエンジニアに与えています。

CAD の先進技術が今日の製品設計の管理をサポートし、新しいモデリング テクノロジが CAD モデルに効率的に変更を加えるための柔軟性を提供します。CAD モデルの再利用を容易にするテクノロジにより、時間を節約し、限られたエンジニアリング リソースに対する負荷を軽減することができます。標準的なフィーチャーの作成を自動化する組み込みのコンフィギュレーション規則などの機能の向上により、冗長で不必要なやり直し作業をなくし、市場投入期間を短縮することができるのです。

企業によっては、最新の CAD 機能を利用して生産性を高めるには、ソリューションの変更が必要な場合があります。CAD ツールを変更する理由としてもっとも多いのは新しい機能の利用で、次に多いのは設計の生産性の向上 (44%) でした。多くの企業では、CAD ツールの変更により、エンジニアリングの生産性に大きなプラスの影響を及ぼす新しい機能を利用できるようになります。

この調査では、企業は、自社のニーズを評価し、そのニーズにもっとも合った CAD 機能を特定することが不可欠であると報告しています。ニーズに合った機能を実装した企業は、新しいツールの導入後により大きな改善を実現できます。調査によると、Aberdeen が “優良” と見なす企業が導入している CAD 機能とプロセス変更を取り入れることで、企業は、冗長な作業や回避可能な作業のために失われる時間やコストを回収できるようになります。そのような CAD 機能を設計プロセスに効果的に取り入れた企業は、設計の柔軟性と生産性の向上がもたらす実質的な競争力の強化を実現できます。

この投稿の“カテゴリー”: 設計の再定義 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>