Creo のお客様事例と製品構想設計 – 過去と未来

構想設計という言葉は、企業の新製品の開発や創造性の活発化を担う流行語のようなものになっています。しかし「構想設計」ソリューションには、エンジニアに発明という最高の仕事を行える能力を与える一面もあります。

PARC 社は知名度は低いものの、大手企業 Xerox 社の関連会社です。「起業家精神に富む科学者」のための組織である同社は、研究調査への意欲と開拓精神、そして起業家としての高いビジネス スキルを持つ科学者による、独特な共同体制を敷くことを方針としています。そしてその研究調査への意欲が、PARC のほかの企業にはない強みとなっています。Xerox は年間 16 億ドルの資金を研究調査に投じており、その大部分は長期的な研究開発に割かれています。生み出すか死ぬかという変化の激しい実業界の中で、PARC の社風は異彩を放っています。

同社の CTO を務めるコンピュータ サイエンティストのマーク・ウェイザー (Mark Weiser) 氏は、「本社が期待しているのは、PARC の科学者がテクノロジの限界を超えるための取り組みを継続することです。一方で当社はイノベーションを収益化する方法も心得ています」と言います。「短期的な視点でものを考えることはなく、”すぐに活用できる方法がわからないようなものを発明してはならない” ということもありません」。科学者に発明を促す秘訣の一端はここにあります。彼らに主権を与え、各自が実践的なイノベーションに集中できるようにするということです。しかしこのような調査研究を重視した社風を持っている場合でも、アイデアを効率的、効果的に共有、発展させるためのメディアが必要なことに変わりはありません。それには大規模なコラボレーションが伴う場合もあります。

Creo なら、構想設計プロセスの最中にイノベーションの本当の形を実現できます。有用性の高い構想設計リソース センターをご覧ください。役立つ情報やアセット、ツールを多数取り揃えています。また、構想設計のイノベーションに関する以下のビデオもご覧ください。The Product Design Show のこちらのエピソードでは、Xerox と PARC が 40 年間にわたってクリエイティブ ソリューションを有効活用してきた方法について、ヴィンスとアリソンが詳しく説明しています。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>