Creo 2.0: Pro/ENGINEER Wildfire 3.0 ユーザーに知っていただきたい事実 (1/3)

PTC は 7 年以上前に Pro/ENGINEER Wildfire 3.0 をリリースしました。そのテクノロジと設計ソフトウェアは、2005 年以降大きく進化しています。それは 1 回の投稿に収まる量を超えているので、3 回に分けようと思います。どのように変わったか興味があれば、このシリーズをご覧ください。Pro/ENGINEER Wildfire 3.0 ユーザーが最後にアップグレードしてから追加された主な機能をすべて説明します。Pro/ENGINEER Wildfire 4.0 から Creo 2.0 までのすべてです。これらの記事を読み、Pro/ENGINEER Wildfire 3.0 に欠けている機能を確認してください。または、リンクをクリックしてビデオを視聴し、Pro/ENGINEER Wildfire 3.0 以降に設計ソフトウェアがどのように進化したかを十分に検証してください。この最初の回では、アセンブリ、アノテーション、グラフィックス、測定、およびユーザー エクスペリエンスを扱う作業がどのように更新されたかがわかります。また、必要なときに利用できる新しい学習リソースについても説明します。アセンブリ Pro/ENGINEER Wildfire 3.0 以降、アセンブリを扱う作業が大きく変わりました。実際に、4.0 以降はさらに改良が加えられました。

3D アノテーション Creo 2.0 では、3D モデルのアノテーション作成に改良が加えられました。

次に、Creo 2.0 で 3D アノテーションがどのように表示されるようになったかを示します。Pro/ENGINEER Wildfire 5.0 と比較していますが、3.0 との比較もほぼ同じです。 グラフィックス Pro/ENGINEER Wildfire 4.0 では、グラフィックス表示に機能がいくつか追加され、設計作業をより直観的に行えるようになりました。

Creo 2.0 では、最新のグラフィックス テクノロジを利用しています。パフォーマンスが飛躍的に向上しています。AMD と NVIDIA における Creo と Pro/ENGINEER Wildfire の比較をご覧ください。次のビデオは両社の最新テクノロジの比較を示し、Creo Parametric と Pro/ENGINEER Wildfire を比較しています。AMD NVIDIA

測定

Creo 2.0 では、統一された測定ツールにより、ジオメトリの測定が飛躍的に前進しています。距離、容積、面積などを調べている間、画面上に測定ダイアログが表示されます。参照用に、選択した測定情報をダイアログに表示することもできます。Wildfire と比較すると、同じ作業を完了するまでに Creo ユーザーが開くメニューの数は 65% 低減されます。 ユーザー エクスペリエンス 古いシステムでの作業に慣れているユーザーは特に、新しいシステムに慣れるまで不満を感じるものです。しかし、Creo 2.0 では、ユーザーの満足を最優先に考えました。

  • リボン、ホットキー、環境設定を使用して、個人の好みに合わせて作業環境を構成。
  • 組み込みのコマンド検索機能により、必要なときにすばやく機能を検索。
  • 設計の効率化に役立つ、直感的な 3D ドラッガ、グラフィックス内ツールバー、ミニ ツールバー。

これらの新しい UI 機能については、このビデオをご覧ください。 学習リソース さらにサポートが必要な場合は、弊社の画期的で強力な学習リソースをご覧ください。

  • 統合された LearningConnector により、必要に応じて実行中の作業に関連するチュートリアル (200 以上) やヘルプ トピックを参照。
この投稿の“カテゴリー”: Creo 2.0 の特長 、タグ: , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>