Creo のお客様事例: NASA がアトランティスを送別

次のニュースを見たことがあるでしょう。2011 年 7 月 21 日 木曜日に、アトランティスがフロリダに帰還し、NASA の 30 年にわたるスペース シャトル プログラムが終えんを迎えました。しかし、アメリカの偉大な「発見」への積極的な取り組みの終了であると考えれば、ヘッドラインから先は読んでないでしょう。

135STS-135で、つまり、アトランティスの最終便で、米国は国際宇宙ステーションの建設を完了しました。ISS は、地上から約 200 マイル上空の微小重力環境に研究施設を建設するための、15 か国による共同プロジェクトです。米国は現在のところ、有人宇宙飛行を中断していますが、少なくとも 2020 年までは、アメリカ人をステーションに送り続ける予定です。その搬送には、米国のシャトルではなく、ロシアのロケットを使用する予定です。また、宇宙ステーションにはロボットがいます。そうなんです。宇宙ステーションで進行する多くの作業がロボットによって行われています。無人の運搬用宇宙船を送り、宇宙ステーションの大型のロボット アームの 1 つでキャッチし、ステーションにドッキングさせることもできます。より小型のアームは、人口衛星の燃料補給の試行のような、より繊細なモーター タスクを担当します (ただし、まだ燃料補給に対応した人工衛星はありません)。したがって、宇宙空間での一部の作業には、まだ人間が必要ですが、重い物を持ち上げる作業は、リモート制御で行うことができます。ビデオ クレジット: NASAeClips

ご想像どおり、これらのどの作業にかかるコストも安くはありません。それだけでなく、非常に危険な作業もあります。NASA のミッション オペレーション指揮の責任者のポール・ヒル (Paul Hill) 氏は、最近のインタビューで語ったように、「このプロジェクトでは、宇宙船とミッションに 10 億ドルのコストがかかり、貴重な人命が危険にさらされます」。それが、ブログでフローティング ラボに関する記事をお読みいただきたい理由です。その内容は設計ソフトウェアに関するものになっています。ポール・ヒル氏の指揮の下、ロボット アームによる作業の計画とシミュレートに重点を置くグループがあります。国際宇宙ステーションのロボット アーム計画グループは、宇宙ステーションのロボット アームを仮想的に、つまりコンピューター上で複製しました。人やペイロードが危険にさらされることのないように、グループはミッションのテストを行っています。そのグループは仮想空間でどのように、ロボット アームとペイロードのモデルリングを行っているのでしょう。

ぜひお話したいのは、グループは PTC の Creo のダイレクト モデリング アプローチを使用しているということです。NASA のエンジニアは通常は Creo に STEP ファイルをインポートし、シンプル化し、次に、VRML ファイルとしてそのデータをエクスポートしています。ロボット工学のアナリストのジョン・ロールフェ (John Rollfe) 氏は話します。NASA のエンジニアにとって非常に重要なのは、「自分たちのモデルで高度な寸法精度を維持することです。その用途が手順作成と間隙,監視にあるためです。このことはISS に対する捕獲やドッキングのようなオペレーションの実行時に必須です」 ビデオ クレジット: NASA が国際宇宙ステーション ミッションで「状況認識」を維持するために、Creo がどのように役立ったかの詳細については、NASA Tech Briefs で NASA のパブリッシング部門から公開されている、最新のアプリケーション ブリーフをご覧ください。スペース シャトルについて、私たちは、NASA とクルーによる木曜日の最後の着陸が無事成功することを祈っています。私たち全員でアトランティスを送別いたします。ビデオ クレジット:

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>