Creo のお客様事例: 世界で最も高いモービル クレーンを PTC の Creo ソフトウェアで設計

高さ 100 m 以上の風力タービン タワーにどのように、重量 90 トンのタービン ハウジングや直径 50 m の回転翼を取り付けるでしょうか。そのためには、世界で最も高くて頑丈なモービル クレーン – Liebherr LTM 11200-9.1 を使用します。この記録破りのクレーンは、ドイツの Liebherr 社によって設計、製造されています。設計チームに参加するには、高くて頑丈であることが必要です。私は Liebherr 社のワーナー・ニール (Werner Knehr) 氏に話を伺いました。彼はこのプロジェクトに深くかかわり、この課題についてより多くの知識を得ようとしました。彼の説明によると、モービル クレーンの設計の多くの側面は、Liebherr 社のチームが専門的に理解していますが、LTM 11200-9.1 のプロジェクトでは、すべてのことが限界まで押し上げられました。その課題には、前方と後方のモーメントのバランス、前方と後方の車軸ステアリングに関する要件、複数軸のシャーシが含まれました。また、クレーンの全重量が世界各国の道路に関する許容重量制限を超えないようにすることも必要でした。それらのすべての課題に対処するために、さまざまな代替設計案がいろいろと試されました。また、予定外の頻繁な設計変更が、最適の解決策に達するために必要でした。そこで、PTC の Creo 設計ソリューションを導入することにりました。Creo のダイレクト モデリング ツールを使用して、チームは、以前の設計プロジェクトからの既存の部品を再利用および再設計し、予定外の設計変更に対処して、重量の削減、伸縮クレーンのねじれの最適化、さらには新しい市場と用途から結果的に生じた新しい要件への対応も支援できました。ニール氏は、「Creo ソフトウェアにより、弊社の設計プロセスは促進され、はるかにより効果的になっています」と要約します。

<img class=”size-full wp-image-3442 ” title=”liebherr-ltm” src=”http://ptccreo.files.wordpress.com/2011/07/liebherr-ltm.jpg&#8221; alt=”” width=”590″ height=”230″ /> Image courtesy of Liebherr Group

説明する価値のある最後の重要点は、Liebherr 社が全社レベルで PTC の Creo のダイレクト ツールとパラメトリック ツールの両方を使用していることです。その目的は、その企業の各ビジネス グループの製品設計戦略に、最適なモデリング アプローチを一致させることにありました。今後のブログで、Liebherr 社が海上用途にどのようにクレーンを設計しているかをご覧いただけるでしょう。たとえば、Creo のパラメトリック アプローチを使用した、油田掘削装置の設計があります。もし私のように、このクレーンを見ることにより、相手に自分のアイデアを伝えやすくなる場合は、あなたも自分の 1:50 スケール モデルの Liebherr LTM 11200-9.1 を所有できます。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>