Creo のお客様事例: ほぼ不可能な銃身を Creo で設計

角の近くで発射されるライフル銃について最初に聞いたとき、私は 90 度に曲げられた銃身を想像しました。もちろんありそうもない、ほとんど不可能なシナリオですが、私は子供の頃、多くの漫画でこのようなシーンを見ました。現実は、はるかにハイテクで、興味深いです。現代の軍隊は、銃身の先端にサーマル スコープを使用します。そのスコープは、兵士のヘルメットに取り付けられた小型のディスプレイに信号を送信します。つまり、兵士は角を曲がったところで標的を実際に見ることなく、銃の位置を決めることができ、その後、モニターを使用して、狙いを定めることができます。さらに、スコープに熱センサーが使用されているため、暗さ、霧、ほこりなどが、正確な射撃の障害になることはありません。このような製品はどのような人が設計するのでしょう。シニア機械工学エンジニアのトム・プレモシェ (Tom Premosch) 氏のような人です。彼は、ずべての部品 (センサー、配線、ディスプレイ) を Creo 設計ソフトウェアで設計していると言います。Creo がどのようにプレモシェ氏と彼のチームのためにイノベーションを解放するかの詳細については、最近の PlanetPTC の集会からのこの短いインタビューをご覧ください。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>