Creo のお客様事例: Epson 社にとって所持する価値のあるテクノロジ

製造分野、特にプリンタの製造といえば、移り変わりの速い分野です。モデルは店頭に並んでから 1 年経たないうちに型落ち品となります。消費者も競合企業も、電子機器の機能性と利便性の向上を求め続けているためです。そのことについて、The Product Design Show のこちらのエピソードで、アリソンとビンスがお話します。しかし業界では、モデルとオプションが追加されても、すべてが変更されるとは限りません。このエピソードで取り上げている製造メーカー、Epson 社の場合も同様です。Epson 社は、世界で最も成功しているプリンタ製造メーカーの 1 つであり、12 週間で新しいモデルを設計できる一方で、どの作業をいつまで続けていくかも認識しています。1990 年に、Epson 社は機械的圧力を使用してページ上にインクを吐出するインクジェット用に独自のテクノロジを開発しました。他のプリンタ製造メーカーは、インクを沸騰させるサーマル システムを使用しています。Epson 社の話によると、自社のマイクロ ピエゾ システムは、より精密、鮮明、スムーズな印刷が可能であり、より低い温度で動作します。同社は 20 年後も、この技術がインクジェット プリンタの最高のテクノロジであり続けるはずだと考えています。Epson 社は 2000 年、長期的な展望に基づき、もう一つの意思決定を行いました。3D ダイレクト モデリングの導入です。Epson 社のマネージャの話によると、Creo のダイレクト モデリング手法は、2D ユーザーが簡単に学習して採用でき、採用以来ずっと 3D で作業しています。実際、2006 年に、この企業は 2D による新しいプリンタの設計を一斉に止めました。ダイレクト モデリングが依然として企業にとって「所持する価値のあるテクノロジ」であるのは、既存のモデルを再利用して市場の最新のニーズに対応し、継続的な投資効果を生むことができるためです。

この投稿の“カテゴリー”: Creo のお客様事例 、タグ: , , , , , , , , 。ブックマークは追加ブックマークにはパーマリンクをどうぞ。.トラックバックは受け付けていませんが、コメントを投稿.

コメントを投稿

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 *マークは入力必須項目です。

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <pre> <q cite=""> <s> <strike> <strong>